エリ好み★

アクセスカウンタ

zoom RSS 容疑者Xの献身

<<   作成日時 : 2008/11/06 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

画像『ハンサム★スーツ』の後に観たので、「おいおい結局、見た目か〜い!」と思ってしまったのでした

容疑者Xの献身
監督 : 西谷弘
原作 : 東野圭吾
出演 : 福山雅治 、 堤真一 、 松雪泰子 、 金澤美穂 、 柴咲コウ


あらすじ: 惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと推理するが……。(シネマトゥデイ)


感想:ドラマにもイマイチ乗り切れなかったので、スルーするつもりでしたが、参考にしているブロガーさんの評価が高いので見に行きました。
うん、面白かったです。

自分でも知らないうちに自殺を思いとどまらせてたなんて…
人は美しいというだけで、存在する価値があるんですね…
いや、美しいって何も顔形だけのことではないだろうけど、顔立ちも中身も良かったら鬼に金棒ですもんねぇ。


実は、東野圭吾原作のドラマ『白夜行』を最近、見終わったばかり。
東野さんは、女性(美人でなくてはいけないらしい)に人生を捧げる男、
という構図が好きなんだねぇと思ってしまいます。
男のロマンなんですかねぇ。
「あの人と一緒になったら幸せになる確率が高まるでしょう」ってとこまで来ると、
ちょっとちょっと、妄想が入ってますよ〜と言いたくなりますけど。
だって、「あの人」って言うのがダンカンだし(笑)
そこまで心配してくれなくていい

でも映画としては、最後まで仕掛けが分からなかったし、堤真一の演技も上手くて楽しめました。
そういえば堤真一はドラマ『やまとなでしこ』でも、学業を離れざるをえなかった数学者の役をしてましたね。

映画では、数学者・石神がなぜ花岡靖子をここまで愛するようになったのか、
ちょっと説明不足という気もしました。
他人の女性に優しくされたのが初めてだったとか
原作はもっと面白いんでしょうね。

湯川の登場と靖子の決断は、石神の論理をもってしても読み切れない誤算だったんでしょう。
もしかしたら石神は、愛する人と同じ修羅に落ちたかったのかもしれません。
屈折した絆ですが、東野圭吾作ならありうる

娘さんだけでも守りたかったけどなあ。

というわけで、世のため人のため、せめて身だしなみくらい気をつけようと思った
育児真っ最中のハハでした(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『容疑者Xの献身』
&nbsp;□作品オフィシャルサイト 「容疑者Xの献身」□監督 西谷 弘□脚本 福田 靖 □原作 東野圭吾(「容疑者Xの献身」文藝春秋刊) □キャスト 福山雅治、堤 真一、松雪泰子、金澤美穂、柴咲コウ、北村一輝、渡辺いっけい、真矢みき、ダンカン、長塚圭史、益岡徹、林 泰文 ■鑑賞日 10月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  実に興味深い・・・。&nbsp; 映画版『容疑者Xの献身』の公開初日の4日(土)福山演じる天才物理学者・湯川学の大学時... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2008/11/06 08:05
容疑者Xの献身
ありえない、わからない、おもしろい・・・ ...続きを見る
ネタバレ映画館
2008/11/06 11:05
「容疑者Xの献身」完全犯行トリックの末にみた湯川が導き出した底辺×高さ÷愛の答え
「容疑者Xの献身」は東野圭吾の物理学者湯川シリーズ「容疑者Xの献身」を映画化し2007年10月からフジテレビ月9で放送された「ガリレオ」の劇場版で天才物理学者湯川学が天才数学者石神哲哉の仕組んだ完全犯罪に対して物理学で謎を解いていく作品である。「ガリレオ」... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2008/11/26 00:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
aiaiさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
原作は面白いですが、「石神がなぜ花岡靖子をここまで愛するようになったのか」については原作においてもさほど深く説明はされていません。
映画での一番のミステイクはダンカンです(怒) あのキャスティングがこの映画(原作を含め)の持つは雰囲気をぶち壊しています。 責任者出て来〜いって感じです(笑)
cyaz
URL
2008/11/06 12:39
cyazさん
情報ありがとうございます! 
そうか〜、原作でもあまり説明されないんですか…
ってことは美人だから、ってことだけでしょうか(ーー*)
あと、せっかく「天才数学者」を登場させたのに、
あんなアリバイ作りになってしまったところもちょっと残念でした。
もっと数学的な知識とかを使っていれば納得だったのに。

ダンカンのおかげで、「このおっさんは黒か白か?」最後まで
疑惑の目で見ることができました(笑)
確かに他の人でも良かった気がします。
というのも、ちょっと
aiai
2008/11/09 16:00
こんばんわ。
aiaiさん!ご無沙汰しておりましたー!!不義理な私をお許しを(涙)。
おチビちゃん、大きくなったでしょー!?ウフフフ・・・可愛くて仕方ないでしょう?あーあ、私も早く子供産まないとな〜(苦笑)。

東野さんといえば、今放送中の『流星の絆』が面白いです〜。aiaiさんはご覧になっているかしら?クドカンのぶっ飛び節と、東野さんのシリアステイストが上手い具合にドッキングしていて、ちょっと風変わりな感じのドラマ♪

ところで、この作品、予想以上によく出来ていて驚きました。堤さんの存在感がとにかく凄くて、もうそれだけで大満足な1作だったりしますわ^^
睦月
2008/11/11 23:34
睦月さん 来てくれてありがとうございます!
不義理だなんて〜とんでもな!私の方こそ不義理しまくりですよ(泣)

『流星の絆』、録画して観てみました!
面白かった!
東野ワールドとクドカンワールドがこんなに調和するなんて
思ってなかったです!!
夫婦で気に入った数少ないドラマなので、これからは毎回
チェックしようと思います〜。
教えて下さって、ありがとうございました
aiai
2008/11/22 23:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
容疑者Xの献身 エリ好み★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる