エリ好み★

アクセスカウンタ

zoom RSS 舞妓Haaaaan!

<<   作成日時 : 2007/07/08 12:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

画像
喜怒哀楽が激しく盛り込まれ、いきなりミュージカル仕立てもなる――「和製インド映画」ってこんなんかも ザ・エンターテイメントって感じです。


舞妓Haaaaan!
監督:水田伸生、出演もしくは声の出演 :阿部サダヲ 、堤真一 、柴咲コウ 、小出早織 、京野ことみ 、酒井若菜


物語:お茶屋で遊んだことはなくとも、熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、念願の京都支社への転勤が決まる。恋人の富士子(柴咲コウ)を捨てて京都入りした彼は、お茶屋へ直行するも、「一見さんお断り」の壁にぶつかってしまう。しかし、会社の社長がお茶屋の常連で、仕事で実績を出した公彦はついにお茶屋デビューを果たす。 (シネマトゥデイ)


感想:身体はいよいよ臨月に突入
暑い、重い、腰が痛い……と滅入ってた時だったので、いい気分転換になりました〜
ぶっとんだストーリー展開です。が、話としては収まってる感じがします。
それに、主要キャラのテンションに引っ張られて飽きさせません。
ちょっと間違えば引いちゃう人もいるんだろうけど。
クドカンは、このギリギリのバランス具合が絶妙ですね(^-^;)


きれいな着物姿もたくさん見れて、楽しかったです
舞妓さんを日頃、目にすることないから、知らないこともいっぱい。
襟足のオシロイの塗り方なんかも面白いかった〜。
舞妓言葉での会話の受け答えなんかも、粋でした。

柴咲コウは、舞妓メイクが似合いますね!それで選ばれたんでは?

内藤(堤真一)の気持はイマイチわかりませんでした。
なんで、お座敷荒らししといて、お茶屋を潰そうとするのかな?
金持ちだからといって、あんなマナーの悪い客をのさばらせとくのがお茶屋なのか〜
まあ、もともとブッ飛んだ人たちのお話だから、細かいツッコミは止めときます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
舞妓haaaan!!!
京都を堪能できる映画かと思ったら、ロケ地は近所だった・・・ ...続きを見る
ネタバレ映画館
2007/07/14 19:15
舞妓Haaaan!!! [Movie]
 映画 「舞妓Haaaan!!!」      (水田伸生:監督/宮藤官九郎:脚本)  を観てきました♪ ...続きを見る
miyukichin’mu*me*mo*
2007/07/21 13:52
『舞妓Haaaan!!!』
□作品オフィシャルサイト 『舞妓Haaaan!!!』□監督 水田伸生 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、吉行和子、小出早織、伊東四朗、生瀬勝久、北村一輝、真矢ミキ、植木等、■鑑賞日 6月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> この映画に起承転結を求めてはいけない(笑)が、アップテンポでハチャメチャで理由なく面白い、まさしくエンターテイメントな作品です 祇園や白河は京都に帰ったときに必ず通るが、実際に舞妓さんとお茶... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2007/07/23 23:01
舞子Haaaan!!! 07164
舞子Haaaan!!! 2007年   水田伸生 監督  宮藤官九郎 脚本阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ 小出早織 京野ことみ 酒井若菜 キムラ緑子 生瀬勝久 大倉孝二 山田孝之 須賀健太 北村一輝 Mr.オクレ 真矢みき 吉行和子 伊東四朗 植木等 ほらね、やっぱり.... ...続きを見る
猫姫じゃ
2007/08/01 00:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
aiaiさん、TBありがとうございましたm(__)m

胎教には良かったんですかね(笑)?
ま、単にバカバカしいノリなんで笑うことはいいことかな^^
まさにサダヲ君のワンマンショー的映画でしたが、
小ネタ大ネタ取り混ぜて面白い映画でした!
cyaz
URL
2007/07/08 21:38
こんばんは♪
いよいよ臨月突入ですか!
いつ何があっても慌てないように心の準備と入院の準備をしなくちゃいけませんね〜。
そして胎教にはこういう映画がいいかも。
とにかく笑ってられますからね〜。
確かに「和製インド映画」ッぽかった(笑)
後半、内藤の気持ちとか、鬼塚の気持ちとかがちょっと分かりにくかったんですよ。
でも、そんなことは二の次の映画なのかな?
ミチ
URL
2007/07/11 21:56
cyazさん
この映画がお産前の最後の1本になりました(笑)
お産への不安をしばし忘れさせてもらい、「映画はこうでなくちゃ」
と思えました。
主人公のサダヲ君がハンサムじゃない、テンション高いってのもインド映画っぽいかも!?

ミチさん
この映画鑑賞の3日後に入院になりました。
本当に何があるのか分からないのがお産なんですね(^^;)

内藤と鬼塚についてですが結局「男は優柔不断で、決断するのは女」
ってことなのかなぁって思いました。

aiai
2007/07/23 22:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
舞妓Haaaaan! エリ好み★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる