エリ好み★

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「あんにょん・サヨナラ」と靖国神社

<<   作成日時 : 2006/07/26 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像今年の首相参拝はあるのか? 8月.15日も間近ですし靖国問題をストレートに扱った映画を観てきました。

この機会にと、靖国神社遊就館も事前に見学。
遊就館は、1882年に設立された日本初、最古の軍事博物館らしいです。

意外にも維新の志士についてのスペースが大きく、
幕末好きの私にはなかなか見ごたえありました。
もともと靖国神社はこの人たちのために作られた神社だから、
当然といえば当然なのですが。もっと時代を遡った室町時代の甲冑なども展示されており、
歴史博物館に収められてそうなものをよく集めたな〜、と感心。

その後、展示は日清、日露戦争へ。
「アジアを西洋から解放するための目的だった」など戦争の大義名分から、
日本軍のとった作戦まで、ビデオや図で分かりやすく解説していました。
評価はともかく、うろ憶えしていることだらけなので、興味深く見ました。

しかし、展示が「大東亜戦争」になると、概要的な説明が影を潜め、
なんだか分かりにくくなります。
印象に残っているのは、軍人の遺影や遺書などの数々。

無意識的に、広島や沖縄の平和資料館で見たような展示を連想していたのですが、
全く違いました。
天皇のために死んだ人たち(ほとんど軍人)を神として祀る、
ってこういうことなんだなあ、と実感。
でもあの頃は、一般人にも「天皇陛下のために」って思考パターンを
浸透させていたはずでは?
何にせよ、空襲で死ぬのと、戦闘で死ぬことを区別するセンスには違和感を覚えました。

さて、この映画は別の視点から靖国神社への異議を投げ掛けています。

あんにょん・サヨナラキム・テイル監督によるドキュメンタリー

物語:韓国人イ・ヒジャさんのお父さんは、ヒジャさんが産まれて間もなく日本軍に徴兵され、
そのまま戻ってきませんでした。
成人したヒジャさんは、遺骨収集の活動をする中で、
安否すら不明だった父親が靖国神社に奉られていることを発見します。
「父が靖国神社に入ることを望むはずがない!」
ヒジャさんや、ヒジャさんのような韓国・台湾の遺族は、
親類の分祀を求めますが、未だにききいれられません。

感想:靖国問題に詳しくない友人と行ったのですが、説明が粗いため分かりにくかったと言ってました。
あと「感情が表に出すぎて、見にくかった」とも。 私も同感です。
運動している人向けに作ったのならいいかもしれないけど、
これでは、一般の人には伝わらないと思う。

もう一つ気になったのは、映画の終盤に
靖国神社に分祀を求めに行ったヒジャさんたちと、
右翼らしき団体との小競り合いが結構な時間を裂いて流されること。
そこで怖そうな中年男性が、ヒジャさんと一緒に分祀を訴える日本人の女子学生を
引っぱたくシーンが出てきます。

一番ショッキングな場面だけど、これを終盤で長々と流すのは
嫌な編集の仕方だなと思いました。
この男性は、自分の顔がこうしてスクリーンに映っていることを知っているのかな。
暴力は勿論、許されることではない。
でも、それを見せることで一足飛びに、
彼らを敵対視することを強要されているようで、後味が悪いです。

あの場面を初めに持ってきて、その後、観客が靖国問題を考えるような展開にしていたら、
もっと印象が違っていたかも。

とはいえ、
徴兵されてきた外国の人たちが靖国神社に祀られていること、
分祀を求めている遺族がいること、など
ほとんどの人は知りませんよね?


そういうことを、知らせる機会を作ってくれる映画ではあります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!
検索してたら、たどり着きました!
名古屋HIP-HOP界のフロントマン、SEAMOのインチキファンサイトやってます!
良かったら遊びに来て下さい☆
サウザー
URL
2006/08/06 20:46
サウザーさん こんにちは!
私のような「にわかファン」にも声をかけてくださって、
ありがとうございます!
チラッとみただけですが、すごく雰囲気が出てるサイトですね!
またじっくに覗きに行きまぁす♪
aiai
2006/08/09 18:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「あんにょん・サヨナラ」と靖国神社 エリ好み★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる