エリ好み★

アクセスカウンタ

zoom RSS トカゲ女

<<   作成日時 : 2006/02/28 01:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

画像楳図 かずおの漫画みたいなタイトル&チラシです。
冒頭で、MEGUMIソックリの巨乳の日本人女優さんが、大胆なヌードシーンを披露します!

4月公開のタイ映画です。
監督:マーノップ・ウドムデート、出演:ルンラウィー・ボリジンダークン(「マッハ!」)、ピート・トーンジュア

タイのホラー映画としては去年、「ザ・アイ」が公開されてましたね。
トム・クルーズがリメーク権を獲得し、話題になってました。

物語:タイ北部・チェンマイで謎の木箱を発見した日本の地質学者一行は、道に迷い、廃墟に泊まることにする。しかし、そこに巣食うトカゲの怨霊のせいで、全員が謎の死をとげる。一方、バンコクに住む女流作家のクワンは、チェンマイを訪れ、現地の女性から古い木箱を買う。しかしその日から、彼女の身に異変が起こる。

感想
地質学者一行が襲われるシーンが一番の見所かも。
あとはちょっとダレるところもありました。
明らかに低予算で作っており、安っぽさはあるものの、
グロイ、エロイ、これぞB級映画!!
やたら綺麗なお姉さん達が、セクシーな衣装で登場し、ずぶ濡れになったり、服破かれたりと、
セクシーショット満載です!ただトカゲがもっとヌメッてた方が、気持ち悪い度高かったのにな。

も一つメッケモノは、“タイ版・岡田准一”ピート・トーンジュアです!モミアゲが長すぎるけど、超色男ですよ!

トカゲの霊につかれた女性たちには、ちょっと、「リング」の貞子を感じさせるものがありました。
タイ映画も、色々と取り込むのが早そうだな〜。
伸びていってほしいです(*^^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
トカゲ女
【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/04/18 00:23
トカゲ女(2004/タイ/監督:マノップ・ウドムデート)
【シネセゾン渋谷】バンコクに住む女流人気作家のクワン(ルンラウィー・バリジンダークン)は、ヤモリの悪霊を題材にしたホラー小説を発表、キャンペーンのために訪れたチェンマイで民芸品の小さな箱を購入する。その直後から、彼女は巨大なヤモリの幻覚に悩まされるようになる。やがて、彼女の周囲で ...続きを見る
のら猫の日記
2006/04/22 12:25
トカゲ女 (Tuk kae phii)
監督 マノップ・ウドムデート 主演 ルンラウィー・バリジンダークン 2004年 タイ映画 99分 ホラー 採点★★ イメージが恐竜と直結するせいか、子供の頃から案外トカゲが好きな私。ゲームはゲックスが好きでしたし。小学生の頃など通学途中でよくトカゲを捕まえ、筆箱にヒッ.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2007/06/27 20:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!
『変態村』に続き、気になるエログロ作品として注目しているのがこの『トカゲ女』です(笑)本日、前売りを購入しました。
『変態村フェスタ』へのコメント参加、ありがとうございます。aiaiさん、気をつけないと変態だと思われちゃいますよ!大変です。睦月と関わると大変なことになります(笑)・・・でもとっても嬉しいんですよ♪
んで。ジョニーナイトの記事をアップしました。aiaiさんのコメントを引用させてもらったうえに、勝手にお名前を使っちゃいました。断りなくごめんね・・・。
睦月
URL
2006/03/16 02:23
睦月さん いらっしゃいませ〜!「トカゲ女」はなかなかエログロですよ!

あと、ジョニ―・デップの新作映画についてのコメント、記事でも紹介してくださってありがとうございました〜!!ブログに記事をアップするよりも前に、まず睦月さんに報告しなきゃと思ったのです。記事も早めにアップしますね(汗)
ちなみに私は戦争映画は苦手なくせに、ドラキュラをはじめとする魔物モノとかは身を乗り出して観る方なので、変態性はあるかも(^^;)もう、カミングアウトしちゃいます! J・デップの「スリーピー・ホロウ」も良かったわ〜♪
ジョニ―ナイト楽しんできてくださいね(^^)
aiai
2006/03/16 03:09
こんにちは。
>>ただトカゲがもっとヌメッてた方が、気持ち悪い度高かったのにな。
この映画、実はトカゲではなくヤモリですもんね。
まぁトカゲもそうですが、ヤモリはヌメっていませんw
爬虫類って基本的に乾燥していてさらさらですよ。

この形態でヌメっているのは両生類のイモリやサンショウウオでしょうが、さらにマイナーな生き物なのでますますわけのわからん映画になるでしょうね。
まぁ、イモリやサンショウウオは黒魔術の材料なイメージがあるので、ヤモリよりは悪霊として説得力があるかもしれません。
bambi@のら猫の日記
URL
2006/04/22 12:34
bambiさん TBとコメントありがとうございました!
そういえばイモリもトカゲも、ヌメってなかったですよね。
実家にはよく「カベチョロ」(たぶんヤモリ)が出ていましたが、サラサラで可愛い顔をしておりました。

ヤモリかトカゲかは忘れましたが、配給会社の方が「噛むとすごく痛いんです」と言っていたのが印象的でした。噛み付きシーンではドキドキしてしまった(^^;)

aiai
2006/04/23 01:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トカゲ女 エリ好み★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる