007 カジノ・ロワイヤル

画像サル顔は好きです ダニエル・クレイグはおサルというより、ゴリラに近いなあと思ってたんですが、TVCMで何度も観てるうちに段々と愛着が出てきました。


007 カジノ・ロワイヤル
マーティン・キャンベル監督、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセンほかが出演

物語:007シリーズ第21弾。ダニエル・クレイグは6代目ボンド。原点に戻った今作ではボンドが殺しのライセンスを持つ“007”になる前の物語から始まる。最初のミッションは、国際テロ組織のネットワークを絶つこと。MI6は、ボンドにテロ組織の資金を断つために、資金源であるル・シッフルをポーカーで破産させる任務を課す。
ボンドは財務省のヴェスパー(エヴァ・グリーン)から託された英国政府の資金を元手に、モンテネグロのカジノに乗り込んだ。


感想
007シリーズはあんまり観たことがありません。
ピアース・ブロスナンのボンドはまあまあ好きだったんですけどね。
娯楽映画としては充実してると思いますが、
「面白かったね~」で終わっちゃうという印象でした。
なにせボンドは笑っちゃうほどタフだし、迷いもないし、
ボンドガールの存在も含めて漫画みたいだなと思ってました。

でも、このカジノ・ロワイヤルでは暴力が痛い
ボンドも生傷が絶えず、失敗も多い。
人間くさくて、実にリアルです。

ヴェスパーもこれまでのボンドガールのグラマーなイメージとは違い、
スリムで胸も小さいです。
真っ黒なアイメイクも独特。
ミステリアスで、神秘的で、少し影もある女性です。

ボンドってば、本当はこういう女性が好みだったのかしら。
女性の観客からの好感度が高まりそうです。
しかも映画の宣伝では「最初の任務は、自分の愛を殺すこと。」なんて
フレーズが謳われてますが、ボンドはヴェスパーに対しては「最後まで」誠実です。
諦めない姿勢に、グッと来ました

カジノでの対決シーンも充実していて、かーなーり見ごたえがありましたよ

ボンドシリーズのビギニングってことですが、時代設定は現代です。
映画瓦版というサイトで、「MI6内部でも007が次々交代していくに違いない。ジェームズ・ボンドという名前は、MI6内で特定の任務を与えられる工作員のコードネームだ」という説がありました。
それだとツジツマは合いますね
でもボンドは同一人物であってほしいな、という気持ちもあります。

それにしても、水着で馬に乗ると、色々なところが痛いと思うな~

"007 カジノ・ロワイヤル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント