サラブレット乗馬体験!

画像
以前から気になっていた近所の乗馬クラブで、サラブレッドに初乗り(^-^)v

若い頃はレースに出ていた本物の競走馬さんです。

馬は人を見るからなめられないように…と思ってたのに、
あまりの美しさと大きさ(背が私の頭より高い所にある)、力強さにいきなりKO負けしましたよ。


後ろ足を怪我をして引退したそうなので、片方の足が細いです。
それでも、け飛ばされたら十分死にそう…(^-^;)


彼の名前はフィービィー。
14~15才だそうなので、人間だと60歳くらい。
もともとマイペースな性格らしいけど、“小娘”の私はすっかりなめられてしまいました(笑)


ちょうど眠かったようで、私を乗せてからもひたすら寝ようとするんです。

馬の腹を蹴るのが「動け!」の合図なのだけど、ニ~三歩進んでは止まってしまいます。
仕方がないので何度も何度も蹴るわけですが、馬にまたがったまま両かかとで馬の腹を蹴り続けるは結構、きつい…

なんか馬に乗ってると言うより、
「池で足こぎボートに乗ったら思ってたよりしんどくて、後悔した時の気分」になってしまいました(-"-;)

おかげで馬上の恐怖心なんかはすぐに吹っ飛んだけど(笑)

でも、小走りは気持ち良かったですよ~。
馬のお尻はプニプニと柔らかくて、枕にしたらよく眠れそうだったし(*^_^*)
一人で馬から降りれるようになれたのも嬉しい(いつ役に立つのか分からないけど)。


サラブレッドは、安定感ではゴビ砂漠のラクダに負けるけど、アユタヤの象ほどには揺れなかったです。
ちなみにラクダや象は、1人では降りれない。どちらも、プロにしゃがませてもらう必要あり。



さて今回のもう一つの目的は、チビに馬を見せることでした。
意外にもサラブレッドには反応悪。
大きすぎてよく分からなかったみたいで。

ボニーを前にするとやっと、「かわい~ね~」と興味津々。私にくっつきながらも、自主的にナデナデ出来ました!


一緒に厩舎を回る時も、大声で馬を怖がらせることもなく、いい子にできていましたよ。
二歳にしてはお行儀がいい方だと思います。

夫はというと、厩舎の馬の父馬・母馬に知ってる競走馬の名前を見つけて喜んでました。
サンデーサイレンスとかダンスインザダークとか…
私はさっぱり分からないですけど(-.-;)

この記事へのコメント

2009年10月11日 08:49
よい休日になったみたいで、よかったですね!
乗馬した際のドキドキした感じが伝わってきました。

お子さんと一緒だと、動物を見る経験も
なんだか童心にかえって追体験できるから、
新鮮だったりしますよね。

では、また寄らせていただきます♪
2009年10月17日 23:55
美奈BOOさん

寄って下さってありがとうございます!
親が楽しんでいる姿を見せると子どもも興味持ってくれるはず~、
というのを言い訳に、家族を連れ出してます(笑)

確かに動物を見る機会は増えました!
娘に感謝です♪

この記事へのトラックバック