定期を忘れて乗車する法

画像
朝、最寄り駅まで来たとき、財布を忘れたことに気がついた!
定期券も財布の中。
切符を買ったら千円以上の損になる。
遅刻するけど取りに帰るしかない…
と思っていたら、ちょうどオットと合流。
お金は借りれた。

でも定期を持ってるのに、切符を買うのは悔しい。
オットが「交渉でやってみな」と言うので、お金も持っていないことにして、駅員さんに事情をはなす。

ちなみに私はJRと私鉄を利用して通勤しており、定期はそれぞれJRのSuicaと地下鉄のPASMOを使っている。
SuicaとPASMOは連結してるので、本当は定期を一枚にまとめられるはずが、長年の習慣でつい定期の路線をJR、地下鉄と分けて買ってしまったため、無駄に二枚持っている(-.-;)
私もドジだけど、そんな人って意外に多いんじゃないだろうか。
さらにちなみに、SuicaとPASMOを同じ財布に入れていると相互に反応して改札を通れなかったり、さらに料金チャージしている場合は二重に乗車賃を引き落とされたりするので、私は別々にしている。
ほんとに、便利なのか不便なのか分からない。
それなのに、両方とも忘れる私が一番マヌケだけれど(T_T)


さて、本題だけどJRは意外とあっさり解決。
着駅で「支払い猶予願書」に名前や勤務先などを書いて、捺印すればOKだった。
明日、定期を見せにくればいいそうだ!
でも私鉄では、そんな制度はないという。
せいぜい降車駅払いか(降車駅で誰か知り合いにお金を借りろと)、もしくはお金を借してもらえるらしい。

う~ん。
実はPASMOはJRのSuicaと違って購入時に手数料五百円を取っている。
※Suica購入時はデポジット(返却するとき戻ってくるお金)500円取られるのに対して、
Pasumoはデポジット500円プラス手数料も500円とられる。


それなのにJRより不親切なんて納得できない(-_-#)
と、極めて個人的な都合で疑問を感じる。
定期の期間くらい、照会できないんだろうか?

とりあえず降車駅払い証をもらって、降車駅で交渉。
したらば、あっさり照会してもらえ、改札通過できた!
しかも「帰りも声かけて下さい」だって

でも帰りは、駅員さんが交替していて、「切符買って下さい」ってキッパリ言われてしまった。
朝の駅員さんがたまたま‘イイ人’だったのか…。
考えたら、朝は「お金もないんです」って強調したからなあ。

まあ定期を忘れた損失が190円で済んだので、ひとまずは満足(^-^)
交渉は七割型成功ってことでマル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック