レッドクリフpart1

赤壁の戦い直前で「次回に続く」。後ろの席のおじさまは「なんだよ!始めに言ってくれよ」とツッコンでました(笑)

『レッドクリフpart1』ジョン・ウー監督が、10億円もの私財を投じ製作費100億円で完成させた
監督・製作・製作総指揮・脚本 : ジョン・ウー
出演 : トニー・レオン 、 金城武 、 チャン・フォンイー 、 チャン・チェン 、 ヴィッキー・チャオ 、 フー・ジュン 、 中村獅童 、 リン・チーリン

物語:はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や曹操の軍勢は80万で、その兵力の差は誰の目にも明らかだったが……。(シネマトゥデイ)


感想:産後、戦闘ものは敬遠していたのですが『カリスマ映画論』の睦月さんの記事によると
エンターテイメント性が高そうだし、さらに中国の歴史物マニアの友人が観ても「時代考証はよくできてたよ」という評価だったので、鑑賞決定。


映画館に行く前に一応、赤壁の戦いについて軽くおさらいしました。
赤壁の戦いとは三国並立の足がかりとなった重要な闘いで、内容は80万の兵士を船ごと丸焼きにしたというかなりえげつない戦でございます。ほとんどが戦闘シーンだし、ず~っと人が殺されているわけですが…

面白かったです!
劇場内はいつになくおじさんの比率が高かったけど、娯楽性が高くて
女性も楽しめる映画になってましたよ。

前述のマニアの友人によると、「重要エピソードがいくつも飛ばされており、いらん話が入ってる。
人物設定にもツッコミ入れたい」ということでしたが、私にはどこがどうなのか分かるはずもなく(笑)

まず登場人物が魅力的。
良い意味で、全く年をとらない金城武に、ちょっとおじさんっぽくなったトニー・レオンという
イケメンタッグ
台湾モデルのリン・シーリンは、アジア的な美しさをばっちり体現してくれてます。
じゃじゃ馬役のヴィッキー・チャオも可愛い。この時代に、オトコだらけの戦場で一歩もひるまず、
「政略結婚なんて大嫌い」と言い放つなど、なかなか骨太のお姫様。
こういう女の人がいてくれるのも、女性としては高感度アップです。

あと、個人的には関羽がお気に入りのキャラだったのですが、彼はモンゴルの俳優さんなんですね。
言われてみれば、モンゴル人らしいお顔立ち。
しかもチンギス・ハーンの末裔らしいですよ

張飛の超人的な破壊力は、ほとんどファンタジーレベル。
『ロード・オブ・ザ・リング』のとある種族の武将みたいでした。


そしてもう1つの見所は、工夫いっぱいの戦術です。
戦闘機もミサイルもない時代ですからね~。

のっけから、
太陽光線の反射で、敵の目をかく乱する作戦
画像
雲で日がかげったらどうするんだ(笑)

大体この時、関羽は曹操を殺せたわけで…
大将の首を取ってくれてたら、後で兵士たちがあんなに死ななくても良かったのにねぇ。
曹操の戦車には、映画『アレキサンダー』に出てきたダレイオス1世の戦車を思い出しました。
東西問わず似るもんなんですね。

亀の甲羅の陣形も、盾を使って迷路の中に敵を閉じ込めちゃうなんて、
本当に可能なのかどうかは置いといて、楽しめました。
不思議な映画だった『マハーバーラタ』の戦闘シーンで、
こんな風に盾をいっぱい使ってたな~と思い出しました。古来インドにも似たような戦法があったのかしら!?

問答無用で、4月のpart2が楽しみです。


そうそう、オープニングで戸田奈津子の名前を見つけて、
「なっちゃん、中国語もやってんのか?」とよく見たら、
「字幕戸田奈津子、翻訳〇〇〇」とありました。
日本語に翻訳された脚本を字幕用に直したってことなんでしょうね~。
大作にはなっちゃんが欠かせない、ってことなんでしょうかね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年12月04日 09:31
こんにちは♪
三国志ファンって本当に多いですよね。
私は昔のNHKの人形劇で知り、あとは友人が持ってた中国のドラマのDVDを見たくらいですけど、それでもなんとも惹かれるところのあるドラマですもの。
ウチの息子なんて「三国無双」とかいうゲームをやっているせいか詳しい詳しい(汗)
ま、詳しい方々の厳しいツッコミは置いておいて、何も知らない人でも楽しめる作品になっていたという点で大成功かと。
これでまたまた三国志に興味を持つ人が増えるんでしょうね。
太陽光線キラリ反射の戦法とか、もうウケまくりでした。
まぶしくてコケてたお馬ちゃんたちは大丈夫だったのか心配です。
2008年12月04日 12:53
「三国無双」って三国志の話なんですか~。
そりゃ、老いも若きも詳しい人がいっぱいいるはずですね!
うちの連れも詳しいので、映画館の受付前でチビをバトンタッチして
代わる代わる二人で見ました。
そこまでして観た映画は初めてです

あのお馬ちゃんたちは演技だったのでしょうか、
それとも本当に光でビックリしたのかな??
怪我しないよう、注意を払ってくれてるとは思いますが…
睦月
2008年12月09日 17:39
こんにちわ。
文中リンク、感謝でございます!

私コレ、2回目観に行っちゃいました(笑)。

関羽役の役者さんがモンゴル人で、チンギスの末裔だったなんて・・・aiaiさんの記事で初めて知りました~!!びっくり!!歌舞伎みたいなお顔立ちと決めポーズがカッコよかった~!!!でも私は趙雲派なの。赤ちゃん助ける人♪

そうそう。
戸田なっちゃん。あの人って、業界でも仕事が早いで有名なんだそうです。大作系は本国からフィルムが届くのが公開直前だったりするので、間に合わせるためにどうしてもなっちゃんに任せざるおえないんだとか。
でも彼女、ここ近年、誤訳で叩かれていますでしょう?なので、必ず監修をつけて翻訳依頼しているんだそうですよ(苦)。
aiai
2008年12月16日 08:53
睦月さん、いつも参考にさせてもらってます(^-^)!

私も観終わってすぐ「もう一度観たい!」と思った映画でした。でも自分が観たいのをぐっとこらえて、2回目は連れに譲りました~。連れは三国志好きなんで、どんな感想もつか楽しみだったんですよね。面白かったみたいです(^O^)

趙雲さんは、若いしイケメンでしたね♪
なっちゃんて、そうだったんですか~。もう結構なお年ですよね。誤訳しても、やっぱり彼女に頼むしかない、って思われるなんてすごい。

この記事へのトラックバック

  • レッド・クリフ Part1 赤壁の戦い前夜

    Excerpt: 壬申の乱、応仁から戦国、幕末から明治維新……わが国 Weblog: ネット社会、その光と影を追うー racked: 2008-12-04 00:07
  • 映画 【レッドクリフ Part 1 】

    Excerpt: 映画館にて「レッドクリフ Part 1 」 ジョン・ウー監督が100億円を投じて「三国志」を映画化。 おはなし:今から1800年前の中国。絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にも.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-12-04 09:26
  • レッドクリフ part1

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ジョン・ウー節炸裂!エンタメ系・三国志!!   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2008-12-16 14:44
  • 『レッドクリフ Part1』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-12-21 08:32
  • 「レッドクリフ Part Ⅰ」 PartⅠって・・・?聞いてないよ

    Excerpt: 試写会っていうのは、日頃自分では観に行かない映画に出会えて、自分の興味が広がった Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2008-12-23 09:07
  • 映画:レッドクリフ Part I

    Excerpt:  歴史が苦手で三国志にも興味がない。そしてネタもとは忘れてしまいましたが、期待を裏切られた映画ベスト1位か2位にランクインしていたという記事を読んでもう観ないと決めていたんです。でも、他の.. Weblog: よしなしごと racked: 2009-01-31 22:52