ダークナイト

はっきり言って、これまでバットマンには興味ありませんでした。

ダークナイト
監督・脚本 : クリストファー・ノーラン
出演 : クリスチャン・ベール 、 ヒース・レジャー 、 アーロン・エッカート 、 マギー・ギレンホール 、 ゲイリー・オールドマン 、 マイケル・ケイン 、 モーガン・フリーマン


なぜって、登場人物が圧倒的に男ばっか、全体的に黒くて見た目が地味な印象で…
今回のテレビCMも地味で、内容がよくわからない。
前作『ビギニング』もファンなら喜ぶ誕生秘話って感じで、特別面白いとは思いませんでした。

ただし今回は、参考にしてる映画ブロガーさんが軒並み絶賛し、
映画とは関係のない辛口時事ブロガーさんまでわざわざ記事にして太鼓判を押していたことから、
ぶっ太い主張のある映画と感じて見に行くことにしました。


お盆の帰省中だったので、チビを両親に預けてチビパパと鑑賞。
趣味志向の違う私たちが、二人とも満足
ハリウッド映画だから、
アメコミだから、
これまでのバットマンの続編だから

「程度は知れてる」なんて、侮るなかれ!!



とても真面目な社会派映画です、コレ。
アメリカ人はこんなの観てるのか~。
いいことだ!
勧めてくれたブロガーさんたちに感謝。


主にあらすじ:相変わらずマフィアうようよのゴッサムシティ。
私が市民ならとっとと出ていくけどな~。
でもまあ、一族が心血を注いで築いてきた街を何とか守りたいバットマン。
汚職した警察も頼りにならぬと日夜、自力で悪者退治に励みます。
違法行為も悪党退治のためならやむをえず。
きっと、彼が王様ならことは、やりやすかったはず。
でも現代は法治国家ですから。
だけど「殺人はしない」という一線は守っているっぽい…?

バットマンの出現に恐々とする街の悪党たち。
彼を避けるため、会合を昼間に開くほど。

そんな状況の中、どこからか沸いて出た狂人‘ジョーカー’。
バットマン以上に正体不明の存在で、素顔が明らかになることもありません。
悪党はイタリアンマフィア、アフリカ系と出自コミニティ別に組織されているのに、
ジョーカーは一匹狼で誰とも組みません。
あらゆる秩序や信頼をいっさいがっさい否定するジョーカー。
バットマンは彼の滑降の玩具です。

ジョーカー出現で街はますます混乱。
バットマンの真似する族やらジョーカーの偽物まで出てきて、
翻弄される市民の皆さん。一番の被害者は彼らですね。

複雑ぐちゃぐちゃな現状に限界を感じ、街の治安をハービーに託して、
自分はレイチェルと人生をやり直そうとするバットマン。
でもことは思惑通りにはいかず、愛する女レイチェルと、ハービーが
ジョーカーに捕われるはめに。
エシュロン並の盗聴器を駆使して街を盗聴しまくるバットマン。
二人を…、いやレイチェルだけでも守ろうと走り回るのですが
最悪の結果で事態はますますどろ沼に。


感想:今回、一番に感じたのは、守りたい存在の前では、男はなぜこうも弱いのかということ。
「一生を共に…」と言ったって、キャラの年齢から推察するにせいぜいあと30~40年の話でしょう。
しかも、こんなカップルに限って「ライフスタイル違い」とかでぽい、っと離婚しそうだし。
ブルースにしても、なぜ「選ばれる」ことが、それほど重要なのやら…

そこを利用して揺さぶりをかけるジョーカーと言い、
バットマンもジョーカーもハービーも、男ならではの行動をしているように思います。

もしかして、実はハービーがジョーカーだったのではorジョーカーになりかわるのではと期待しましたが、
そうはならず。
そうなったら、ジョーカーのビギニングものになってしまうものな。

バットマンは覇権国家アメリカの化身のようにみえました。
ラストはこれからのアメリカのあるべき姿へのメッセージのようだけど、それは色々な解釈ができそう。


私はフェリーでジョーカーの実験にかけられたゴッサム市民の選択に一番、感銘を受けました。
チビパパも「囚人のジレンマ」を映像で観れたと喜んでいました。

画像キャストに関しては、レイチェル役がケイティ・ホームズからギレンホールに交替。
ますます華がなくなって、これはこれで良かった。
とても「可哀想な、守られるヒロイン」に見えない所がいい。
ケイティとエッカートなら『サンキュー・スモーキング』のキャストとダブルとこだったし。
そいや、クリスチャン・ベールはトム・クルーズに目のあたりが似てる気がしました。

この作品が、実質的な遺作となっていしまったヒースレジャーの怪演も素晴らしい
(怖いから写真は貼り付けません)。
ヒースはこの映画撮影後に突然死してしまいましたが…
その予感が演技に見てとれる気がしました。
これだけの演技をするのは、悩みも深かったと思います。
伝説になりそうな演技です。

鑑賞をオススメします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月09日 12:54
aiaiさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
僕のブログも満4周年を迎えることができました。

この映画はやはり「ジョーカー」の映画でしたね!
特にジョーカーを演じるヒースは最高だったと思います。
タイトルごと変えた方が良かったのかなぁと思いました。
このジョーカーの演技を観て、これからビッグになれたろう
ヒースのことを惜しく思いました。 合掌。
2008年09月11日 10:33
こんにちは♪
オチビちゃんを預けて夫婦で鑑賞とは、いい気分転換になったでしょうね~!
私も長いことバットマンから遠ざかっていたのですが、この作品を見てビックリ!
アメコミとは思えませんでした。

aiaiさんの感想がウケる~(笑)
>今回、一番に感じたのは、守りたい存在の前では、男はなぜこうも弱いのかということ。
>ブルースにしても、なぜ「選ばれる」ことが、それほど重要なのやら
本当にそのとおりですよね。
アルフレッドのおかげでブルースはずっと勘違いしたまま幸せな(?)人生を送れそうですが。
2008年09月11日 22:39
cyazさん TBとコメントありがとうございました!
お返事が遅くなって申し訳ありません。
そして4周年おめでとうございます~!!
3周年のお祝いメッセージを書いたのは、
つい昨日のことのような気がしているのに早いもんですねぇ(^^)

そうか…
「ジョーカー」の映画だから、私にも面白かったのかもしれませんね!
ちなみに『スター・ウォーズ』シリーズにも、
イマイチ興味がなかたったのですが「エピソード3/シスの復讐」だけは
好きでした(笑)
2008年09月11日 22:45
ミチさん いつも、TBとコメントをありがとうございます!
チビパパと一緒の映画鑑賞は産後初めてだったので、
2人ともお楽しめる映画をみにいきたかったんですよ~。
期待どおりでした!

そうそう、ブルースにとって一番かけがえのない人は
アルフレッドじゃないかと思いました(笑)
彼がいなくなったらバットマンとしての自信とかなくなりそう…

この記事へのトラックバック

  • ダークナイト(先行上映)

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★★  光当たらぬ孤独な正義   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2008-09-08 21:16
  • ダークナイト(先行上映)

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★★  光当たらぬ孤独な正義   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2008-09-08 21:16
  • 『ダークナイト』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ダークナイト」□監督・原案・脚本 クリストファー・ノーラン □原案 デヴィッド・S・ゴイヤー □キャスト クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、マギー・.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-09-09 12:08
  • 映画 【ダークナイト】

    Excerpt: 先行上映にて「ダークナイト」 『バットマン ビギンズ』の続編。監督はクリストファー・ノーランが続投。 おはなし:悪のはびこるゴッサムシティ。ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-09-11 10:29
  • 映画 【ダークナイト】

    Excerpt: 先行上映にて「ダークナイト」 『バットマン ビギンズ』の続編。監督はクリストファー・ノーランが続投。 おはなし:悪のはびこるゴッサムシティ。ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-09-11 10:30
  • ダークナイト

    Excerpt: ランボルギーニが地味ですかぁ・・・ Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-09-12 01:43
  • ダークナイト 観てきました。

    Excerpt:  映画を観るペースが週に1度に激減。さらに観たいと思う映画が上映されてからすぐに観ることもできずにいつも終わりに近づいて駆け込みで。。。映画ブログを名乗る資格がないんじゃないかと思うような.. Weblog: よしなしごと racked: 2008-09-15 14:26
  • 【映画】ダークナイト…高評価↑ 残念な点はマ○ー・ギレンホールの顔ぐらいですね

    Excerpt: 洗車をすると翌日高確率で雨{/kaeru_rain/}が降るピロEKです{/face_hekomu/} 先程、夜勤から帰ってきました{/ase/} 私の会社は夜勤があります。ほとんどの生産現場の従業.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2009-02-13 13:57
  • 「ダークナイト」(The Dark Knight)

    Excerpt: 実験映画風なタッチで鬼面人を驚かせた「メメント」や「インソムニア」「プレステージ」などの作品で知られる英国出身の映画作家、クリストファー・ノーランが2008年にメガホンを執ったサスペンス・アクションム.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2009-03-01 22:07