幸せのちから

プレパパの彼に観せたかった映画です。


幸せのちから
ガブリエレ・ムッチーノ監督、ウィル・スミス、ジェイデン・スミスほかが出演

物語:医療機器のセールスでは食べていけず、妻リンダ(タンディ・ニュートン)にも捨てられたクリス・ガードナー(ウィル・スミス)。しかし一人息子のクリストファーだけは何としても手元で育てたいと、一流企業への就職を目指す。半年間、無給の研修期間を経て、就職できるのはたった一人。しかも家賃不払いで家を追い出され、眠る場所すらない状況に…

感想:全編通して、クリスは良い父親ですが、リンダが出ていくのも納得しました。
リンダは一旦は息子を連れていくのですが、クリスは譲らず、
クリストファーは父親の手で育てられることになります。
リンダも、新しい生活が子どもにどんな影響をもたらすのか、
ちゃんと育てていけるか不安だったのでしょう、涙ながらに息子を置いていきます。
妻も夫もそれぞれの思いがあり、どちらも観客に悪いとは思わせない。
実在の人物をモデルにしているせいか、その辺りのバランス感覚に関心しました。
「M:i-2」でセクシーなヒロインを演じたタンディ・ニュートンは、結構好きな女優さんです。

ま、でも妻が出ていくまではほんの序の口、そこから子どもを抱え、
住む家も失ったクリスがこれでもかと追い詰められていきます。
アメリカの底辺の人たちがどうやって生きていくのか、垣間見ることができます。
あちらでは教会が、行政がやるべき福祉事業を担ってるんですね。
といってもキャパには限界がありますから、教会が助けられなかった人はどうするんでしょう…

私はお金持ちでなくても、そこそこ豊かに生きていけると思ってますが、
現代社会では食べ物や屋根・壁を確保するにも現金が必要だし、
やっぱり最低限のお金がないと幸せとはいえない…

ちょっと現実的じゃないなと思ったのは、
5才の子どもがこんな生活をしながら半年も病気をしなかったこと。
父親のギリギリ感を察知して「今は病気できないぞ」ってクリストファーの体が
感じてたのかな。
母親に会いたいとむずからなかったのも、クリスに気を使ってたんだろうなぁ。
実際には、子どもの年齢は二才だったと言いますから、もっと大変だったでしょうね。


モーテルを追い出され、ついにはトイレで寝ることになったクリス。
貧乏をユーモアで誤魔化すのは、親の知恵だなぁ。

それにしても、この会社は研修生がとってきた契約は頂くくせに、
無給ってどういうことでしょう(-_-;)


そうそうこの映画を鑑賞した、家の近所のワーナーマイカルシネマズは、
月一回「ウィズ・キッズシアター」を始めたらしいです
照明や音響も、子どもに優しいよう配慮しているとのこと。
平日の昼間のみ、というのが難点ですが
チビが産まれたらお世話になるかもな~。

この記事へのコメント

睦月
2007年03月01日 19:18
aiaiさん、こんばんわ。
赤ちゃんは順調ですか?

クリスのお子さんは実際は1歳くらいの幼児だったそうです。
んで、近所の人や親戚に助けてもらいながら暮らしていたそうですよ。

たしかにかなり突っ込みどころ満載ですが(苦笑)、
いい作品だったなあと思います。
最後のウィル・スミスの表情に涙が出ました。
2007年03月04日 11:49
睦月さん コメントとTBありがとうございます!
おかげさまで順調に5ヶ月目に入りました(^^)

なんと息子さんは1歳だったのですか~!
だったらママのことはすぐ忘れちゃったのかもな。
周囲の人に助けてもらったという話も興味深いですね!
そっちのストーリーを織り交ぜたものも観たかったです。
クリスはスーパー・パパ並の頑張りでしたが、
やはり、子育ては1人じゃできないだろうし。

ちなみにうちの彼は、この映画を観て、
「子どもを大切にしよう」よりも「仕事頑張ろう」
と思ったみたいです(^^;)そっちに行ったか~…
2007年03月04日 23:37
こんばんは♪
まあ、aiaiさんはお腹に赤ちゃんがいらっしゃるのね!
それはそれはおめでとうございます!
プレパパさんの感想も面白い(笑)
胎教のためにも今後はキレイな作品を見たいものですね~。
どうぞゆったりとした気分でお過ごしくださいね。

この映画、ウィルの妻のことが気になって仕方なかったです。
あれが限界だったのかなぁ。
親子三人で頑張る姿が見たかったのですが、実話だから仕方ないですね。
お話云々よりも、ウィルの演技が上手いな~と思いました。
2007年03月08日 23:45
ミチさん
ありがとうござます~!
そうですね。もう外の音が聴こえるらしいから、あまりキツメのものは観れないなぁと思ってます。
そうそう、「妊婦と子どもを大切に」と思ってもらうにはやっぱり」「トゥモロー・ワールド」が一番お勧めです!

ウィルと妻は、この映画だけ観ると「お金の問題が解決したら復縁するんじゃない?」と思いましたが、実際はそうならなかったんでしょうね。
ウィルは息子には父親のいない思いをさせたくない、って一心でしたが、
子どもから母親を引き離すことについてはどう考えたのかしら…と思いました。
2017年08月18日 18:52
Thanks for finally talking about >K__ G_D_/EFu_u_O

この記事へのトラックバック

  • 幸せのちから

    Excerpt: 骨密度測定器があの値段だったら安いぞ・・・probably Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2007-02-27 14:50
  • 幸せのちから

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  幸せは待たずに走って掴み取れ!  Weblog: カリスマ映画論 racked: 2007-03-01 19:15
  • 映画「幸せのちから」

    Excerpt: 映画館にて「幸せのちから」 ホームレスから億万長者となった実在の人物、クリス・ガードナーの実話に基づく映画。 実話に基づく・・・ということは、最初から答えはわかっているし、途中の苦難も報われる日が.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2007-03-04 23:34
  • 『幸せのちから』

    Excerpt: この手は、離さない   ■監督 ガブリエレ・ムッチーノ■脚本 スティーブン・コンラッド■キャスト ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-03-08 17:32
  • 『幸せのちから』'06・米

    Excerpt: あらすじ骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てるクリス(ウィル・スミス)は大儲けを見込んで買い取った機器を思うように売ることができず、家賃や税金を払えない状態に陥ってしまう。妻のリンダ.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2007-11-03 17:23
  • 映画『幸せのちから』

    Excerpt: 原題:The Pursuit of Happyness アメリカ独立宣言の「幸福の追求」は、"The pursuit of happiness"、この映画では託児所の".. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2008-04-20 18:22
  • 「幸せのちから」(The Pursuit of Happyness)

    Excerpt: ホームレスから億万長者となり、アメリカン・ドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を事実に基づきながら描いた感動のヒューマン・ドラマ「幸せのちから」(原題=幸福の追求、06年、米、11.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2009-04-04 07:21