スペイン料理 エスペロ

画像
ずっと気になっていた銀座のスペイン料理屋さん「エスペロ」に、忘年会で行ってきました~。

店のショーウィンドウに、国際パエジャ大会で数々の賞を受賞とか書かれてたから
前を通る度に気になってたんですよ~。
全く偶然に忘年会で行くことになって楽しみにしてました

スペインに行ったことのある人が選んできたお店で、
店内の雰囲気もスペインの感じが出てると行ってました。
白い絵の具で塗ったような壁が印象的です。

さてお料理。
今回は一人6千円のこのコースでした

イベリコ豚(ドングリ飼育)の生ハムとチョリッソ
タラバガニの身とアボカドのサラダ
本日のスープ
マッシュルームのガーリックソテー
パン
エスカルゴの辛子ソース ドノスティア風
ヤリイカの詰め物 ウニソース
又は、ナバラ名物 タラとエビとタラバガニのトマト煮
トリュフ入り 仔牛とキノコの煮込み
手長エビ入り魚介類のパエジャ
本日のデザート 8種類より
スペインティ


まずはイベリコ豚の生ハム
イベリコ豚といえば、ドングリしか食べない高級豚ですよね。
初めて口にしたけど、味が濃厚で美味しかったな~。
マッシュルームのガーリックソテーとエスカルゴは、
ソースがたっぶりついてくるので、それをフランスパンのような
パンに浸して食べると美味(^o^)

タラガニなどのトマト煮は熱々です。
ヤリイカのウニソースも、濃厚でパンに浸けるのにピッタリでした
とここまでで結構、お腹がいい案配になってたのですが、
メインのパエジャはこの後

大きな大きなパエリヤ鍋がど~んと運ばれてきました
上には海老や、珍しい手長エビ、ムール貝などが 
ところ狭しと乗ってます!
甘味はない、サラッとした食感で、家で作るパエリヤとはだいぶ違います
誰かが「米がアルデンテだ」と言っておりました。
細長い米じゃなかったけど、あれはスペインのお米なのかな。

お値段は6人でワイン2本にビール3本あけて、
4万円弱なのでかなりお手頃です!

今度は友だちとか連れて、また行こう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • だて男

    Excerpt: 国際列車 夕暮れ時に、イタリアのジェノバ駅を発車した国際列車は、コートダジュールの長い夜の闇を走り抜け、明け方の薄明にしだいに浮かび上がるスペイン・カタロニア地方の赤茶けた岩肌を縫って、午前7時.. Weblog: エッセー集 racked: 2007-03-20 20:33