パフューム ある人殺しの物語

画像いくら試写だからって、これほど人が並ぶもの?といぶかりましたが、すごい内容でした~。

「パフューム」監督/脚本:トム・ティクヴァ。出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、ダスティン・ホフマンほか

物語:悪臭が立ちこめる18世紀パリの街に、1人の天才が産み捨てられる。ジャン=バティスト・グルヌイユと名づけられた彼は、驚異的な嗅覚をもつ代わりに、自分には体臭がないという特異体質だった。月日はながれ、ジャン=バティストは愛を知らない、動物のような青年に育っていった。ある日、街で少女がはなつ芳しい香りに取り憑かれた彼は、その香りを永遠に自分のものにしようとする。社会の最底辺から調香師へと這い上がった彼は、もっとも素晴らしい香水づくりのために、罪の意識もないまま少女達を殺していく。

感想
すごいもの観ちゃいました~!!×2 ま、好き嫌いはあるとしても。

原作は「香水―ある人殺しの物語」。
1985年、ドイツ人作家のパトリック・ジュースキが発表してからというもの、映画化のオファーが殺到していたそうです。まず、この作家さんがすごいですわ。よく、こんなこと思いつくなあ!

「アカデミー作品賞最有力候補」なんて宣伝文句は聞き飽きましたが、これだけ独創的な話ならば取るんじゃないかな。
ハンニバル・レクターならこの主人公を理解し、愛しそうですわ。
物語の新しさプラス、映画としての完成度も非常に高いです。

すべてに豪華な本作は、ちょっと意外なことにドイツ映画です。ただし、設定はフランスで、台詞は英語だけど。
スタッフもまた豪華!
監督は「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァ
脚本は、映画化不可能と言われていた「薔薇の名前」を手がけたベルント・アイヒンガーとアンドリュー・バーキン。
そして“香り”を表現するに重要な役割をしたのはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 !!

主演のベン・ウィシュー、ヒロインのレイチェル・ハード=ウッドは、それほど知られていない役者さん。大物新人発掘!の気分にさせてくれます。

嗅覚という点に注目した、斬新な物語りながら、設定は結構古典的。
普通の人間とは違う力も持つ主人公が、美しい少女を殺していく。
しかし、低俗な目的からではない。その存在は悲劇的であり、美しくもある。
まるでドラキュラではないですか!(←大好き)

一般の人にとっても香りは、食欲だったり、性欲を刺激されるものであるでしょうが、
彼にとっては愛であり、“存在そのもの”でした。
変態映画の古典になりうるかも!

思いもよらないことを気付かせ、考えさせてくれる映画なので、
そういうものを求める人にはイチオシで推薦します。
でも、ラストは賛否が別れるかも。
私は失笑しそうになりました。 まるで「リバティーン」状態・・・
私が香水をつけないし、香りの威力を信じられないせいかもしれないですけど。
この映画、いつも覗かせてもらってる「カリスマ映画論」の睦月さんはどう観るんだろう??
是非、観てほしいです(^^)
香水―ある人殺しの物語

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月31日 21:23
aiaiさん!ご無沙汰しておりました!
そして、最も興味深い作品のレビューをありがとう!!もう鑑賞してしまうなんて・・・うらやましいぞお!さすが早いねえ!

いやあ・・・この記事を読むだけでもう濡れそぼるほどに興奮してしまうような作品!もう大期待です。しかもドイツ映画ですからねえ・・その描写の仕方にはかなり独特なものがあるような気がするんだけれど!

早く観たい!早く観たい!!助けてええ!
睦月は変態なんですから!来年の3月まで待てません!
2006年11月03日 23:06
そうか、来年の3月ですか!そんな先なんだぁ。
「立ち見」と言われても、メゲずに観て良かった!
しかも途中から、空いてた関係者席に座らせてもらえてラッキーでした。
小説も読んでみたくなりました。

それに睦月さんのレポも、早く読みたいです~!!
2007年03月04日 20:44
こんにちは。はじまして!^^

りんたろうさんのTBからたどり着きました。
この映画ははっきり好き嫌い分かれるだろうな~と思っていたらやはり...という感じです。^^;

個人的には自分と全く違う意見や感想を読むのが好きなので、今いろんな方のところを散歩しているところです。

私は【2006年MyBestMovie】なんて言っていますが、もしよかったらTBよろしくお願いいたします。
それでへこれからもよろしくお願いしますね♪ ^^
2007年03月05日 11:18
こんにちは♪
面白かったです!
二時間半近くもあるのに、のめりこんでみていたせいかすごく短く感じました。
グルヌイユの孤独が伝わってきました。
この映画のあとは嗅覚が鋭くなった気がします(笑)
睦月
2007年03月06日 00:18
aiaiさん!!こんばんわ!
aiaiさんにオススメいただいていたこの作品・・・・もうね、睦月の直球ど真ん中!!ドツボでした!

事後報告ですが、文中リンクさせていただいております。
もうお気づきですね・・・申し出遅くなりましてすみません。

感動とか素晴らしいとかいう感想を超越して、「とにかくすごい映画を観た!」という感じになりました。こんな感覚は久々です。
2007年03月06日 16:21
fatal-sistersさま
はじめまして!TBとコメントありがとうございます。
この映画の印象はいまだにかなり鮮烈で、色々な方の感想を読むのが楽しみです。
ストーリーの着眼点は、もう好き・嫌いのレベルを超えていると思うので、
とりあえず全ての方にオススメしたいです。

>ミチさん
私も映画館から出た後、鼻から深呼吸しちゃいました(笑)
何の先入観もなく観たので、先が全く読めず、その分のめり込めました。
でも、一番呆気にとられた処刑場のシーンをTVCMではみせちゃってますね。
なんか勿体ないような… あのシーン目当てで観にいく人はいるのでしょうか。

>睦月さん
文中リンクしていただいて、光栄です!
ドツボでしたか~!やはりっ。
鑑賞後、自然に睦月さんのことを思い出しました。カリスマ性がある映画だと思ったからかな?
本当にこの映画については「良かった」「感動した」って言葉ではなく、
「観てしまった…」って感じでした。
2007年03月11日 18:53
こんばんはTBお邪魔します
なんだか異様な感じのする映画でしたね。スクリーンからも、悪臭や快楽の臭いが漂っているかのようです。凄い映画ですが、カタルシスは得られないでしょうね。グルヌイユの末期は、生まれた地で土に還ったと解釈しています。もともと彼は生まれ得ぬ人だったわけですから・・神の世界?に戻ったのでしょうか。
2007年03月11日 22:54
ケント様
TBとコメントありがとうございました。
確かに、観たことのないタイプの映画でした!
冒頭の魚市場はショッキングでしたが、殺人シーンでは少女の遺体までもが
絵画のように美しく、嫌悪感はなかったです。
750人の快楽の図は、まあ観なくても良かったですけれど(笑)。
そうそう、ラストには神話に近いものも感じました。
2017年07月28日 15:30
Thanks for finally writing about >pt_[@__lE__
G_D_/EFu_u_O

この記事へのトラックバック

  • 今日の「東京国際映画祭」2006/10/27

    Excerpt: 「第19回東京国際映画祭」の7日目である。が、10/28-29は旅行に行かなければならないので、2006年のわたしの「東京国際映画祭」は10/27でおしまいである。あぁ「犬神家の一族」が観たかった。2.. Weblog: 徒然雑草 racked: 2006-10-31 12:39
  • パフューム ある人殺しの物語 (2006)

    Excerpt: スピルバーグ、スコセッシが奪い合った 禁断のベストセラー、ついに完全映画化 美しい女性の香りを手に入れるため、恐怖の連続殺人鬼と化していく男の物語を鬼才トム・ティクヴァ監督によって待望の.. Weblog: MOVIEクラブ racked: 2007-01-18 03:46
  • 「パフューム ある人殺しの物語」感想

    Excerpt: 普段つけないけど、香水系が大好きなのと、「ラン・ローラ・ラン」の監督さんの映画ということで、興味津々で見ました。が、「変態匂いフェチ」映画というかんじでしょうか・・・。 天才的な嗅覚を持つ主人公が、.. Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫 racked: 2007-01-22 08:24
  • 『パフューム ある人殺しの物語』

    Excerpt: CAST:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 他 STORY:18世紀フランス。魚市場で産み落とされ孤児になったジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は幼い頃.. Weblog: Sweet* Days racked: 2007-03-03 16:38
  • 「パフューム ―ある人殺しの物語―」

    Excerpt: 3月3日より公開される映画「パフューム ?ある人殺しの物語?」の試写。世界45カ国で1500万部を売り上げたパトリック・ジュースキント作「香水 ある人殺しの物語」の映画化作品。監督はトム・ティクヴァ。.. Weblog: やまたくの音吐朗々Diary racked: 2007-03-04 02:37
  • パフューム -ある人殺しの物語-

    Excerpt: 「その香りに、世界はひれ伏す」 パトリック・ジェースキントの 幻のベストセラー小説の映画化。 主役はベン・ウィショー、 脇を固めるのはアラン・リックマン、 ダスティン・ホフマン。 舞台.. Weblog: 花ごよみ racked: 2007-03-04 07:48
  • パフューム -ある人殺しの物語-

    Excerpt: 「その香りに、世界はひれ伏す」 パトリック・ジェースキントの 幻のベストセラー小説の映画化。 主役はベン・ウィショー、 脇を固めるのはアラン・リックマン、 ダスティン・ホフマン。 舞台.. Weblog: 花ごよみ racked: 2007-03-04 07:50
  • パフューム/ある人殺しの物語

    Excerpt: 血の流れない「ハンニバル」 香りの生存証明。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-03-04 10:44
  • 感想/パフューム -ある人殺しの物語-(試写)

    Excerpt: けっこうな触れ込みに期待を膨らませ鑑賞『パフューム -ある人殺しの物語-』3月3日公開。汚臭漂う18世紀パリで産み捨てられたグルヌイユ。彼は、遠く離れた匂いも嗅ぎ分け、どんな香りも記憶し、再現できる超.. Weblog: APRIL FOOLS racked: 2007-03-04 10:49
  • 『パフューム ある人殺しの物語』

    Excerpt: (原題:Das Parfum : Die Geschiche eines) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも.. Weblog: ラムの大通り racked: 2007-03-04 11:13
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt: 18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2007-03-04 11:50
  • パフューム ~ある人殺しの物語~

    Excerpt: タイトルと予告編から、上品で美しい映像と殺人鬼の対比が面白そうと期待して『パフューム ~ある人殺しの物語~』を観てきました。 ★★★ 私達には嗅げない(見えない)匂いの世界が彼の周りには存在している.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2007-03-04 13:11
  • 映画「パフューム ある人殺しの物語」

    Excerpt: 2007年17本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「「ラン・ローラ・ラン」「ヘヴン」のトム・ティクヴァ監督作品。ある“香り”にとりつかれた一人の青年が、その香りを追い求めるあまり、恐るべき凶行へと駆.. Weblog: しょうちゃんの映画ブログ racked: 2007-03-04 15:00
  • 圧巻! 「パフューム-ある人殺しの物語-」

    Excerpt: 評価:80点 Weblog: 平気の平左 racked: 2007-03-04 15:23
  • 「パフューム ある人殺しの物語」観てきました♪

    Excerpt: ☆「パフュームある人殺しの物語」 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン、レイチェル・ハード=ウッド、アンドレス・エレーラ、サイモン・チャンドラー.. Weblog: りんたろうの☆きときと日記☆ racked: 2007-03-04 15:33
  • 750人の全裸男女が絡み合う、パフュームのテレビCM

    Excerpt: 750人もの全裸男女が一斉に睦み合うテレビCMが話題を集めて Weblog: ネット社会、その光と闇を追うー racked: 2007-03-04 16:36
  • パフューム ある人殺しの物語(Perfume: The Story Of A Murderer/2006年)

    Excerpt: 【解説】  パトリック・ジュースキントの禁断のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』を、「ラン・ローラ・ラン」「ヘヴン」のトム・ティクヴァ監督が映画化した衝撃のサスペンス・ドラマ。ある“香り”にとり.. Weblog: Allo!Cinematheque!! racked: 2007-03-04 21:04
  • パフューム ある人殺しの物語 /Perfume The Story of a Murderer

    Excerpt: わたしの嗅覚、犬並み{/kaminari/} ナンテいつも豪語?してたけど、犬の嗅覚は人間の1億倍!なんだってー。 猫は人間の10倍らしいから猫並みにしておこ☆ でも鼻が良くてもいいことなんてほとん.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2007-03-04 21:48
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★★  匂いをまとわぬ、香りの天才   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2007-03-05 00:19
  • 『パフューム』鑑賞!

    Excerpt: 『パフューム』鑑賞レビュー! それは、昨日まで人だったもの。 -ある人殺しの物語- スピルバーグ スコセッシが奪い合った 禁断のベストセラー、ついに完全映画化! 原作.. Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! racked: 2007-03-05 01:31
  • 映画「パフューム ある人殺しの物語」

    Excerpt: 映画館にて「パフューム ある人殺しの物語」 1500万部の売上げを記録したパトリック・ジュースキントのベストセラー小説を映画化。 1783年、パリの魚市場で産み落とされた赤ん坊ジャン=バティスト.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2007-03-05 11:16
  • 映画:パフューム ある人殺しの物語 プレミア試写会

    Excerpt: パフューム ある人殺しの物語 オーケストラ生演奏付プレミア試写会(NHKホール) 「香水と音楽は似ている」 ■東京フィルの生演奏とイベント(?) 司会は坂上ミキさん、映画の映像をバックに.. Weblog: 駒吉の日記 racked: 2007-03-05 12:57
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt: 処刑台で香水を振り撒くグルヌイユのシルエットがエスパー伊東に見えたのは私だけであろうか・・・ Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2007-03-05 18:47
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt: その香りに世界はひれ伏す。18世紀のフランス。まだ下水道などの整備もされていないパリの街の悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。名前はジャン=バティスト・グルヌイユ。親の愛も、名前さえ知.. Weblog: シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー racked: 2007-03-05 21:10
  • 『パフューム -ある人殺しの物語-』

    Excerpt: ? 『パフューム -ある人殺しの物語-』 ? その香りが欲しい――。 あまりにも純粋な動機から彼は、 少女達の命を摘み取ってゆく。   18世紀のパリは本当に臭かったらしい。 だって道.. Weblog: 唐揚げ大好き! racked: 2007-03-05 21:28
  • 「パフューム ある人殺しの物語」

    Excerpt:   とんでもない目にあいながら 試写会で観てまいりました。   「パフューム ある人殺しの物語」     すごい映画でした。   映像美とかいう表現がありますが、 そんな言葉を.. Weblog: しんのすけの イッツマイライフ racked: 2007-03-05 23:01
  • パフューム ある殺人の物語

    Excerpt:  公式サイト    天才調香師グルヌイユ。   彼が恋焦がれ人生を賭けて創ろうとした香水とは・・ 愕然とする劣悪なパリの情景。これでもかっとたたきつける衝撃の映像は香りのしない劇場内にその悪臭.. Weblog: ★しゃべりば ★ racked: 2007-03-05 23:26
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt: Das Parfum - Die Geschichte eines Mörders(PERFUME: THE STORY OF A MURDERER) [TOHOシネマズ錦糸町/SC1/レ.. Weblog: 八ちゃんの日常空間 racked: 2007-03-06 10:31
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt: スクリーンに香りを映した映画。天才調香師が生み出したのは、許されざる“天国の香り”_ 舞台は18世紀パリ。一人の天才が誕生する。名をジャン=パティスト・グルヌイユ。彼に神が唯一与えたのは、あら.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2007-03-06 13:57
  • パフューム ~ある人殺しの物語~ 2007-10

    Excerpt: 「パフューム ~ある人殺しの物語~」を観てきました~♪ 18世紀のパリ、悪臭立ち込める魚市場で一人の子供が産み落とされた。その子の名は、ジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、驚異的.. Weblog: 観たよ~ん~ racked: 2007-03-07 07:55
  • パフューム

    Excerpt: 東京フィルの生演奏付き試写会。 ゲストの芸人さんのパフォーマンスでアロマが流れ、 映画のタイトルにふさわしい、香つきの鑑賞となりました。 原作は、世界45カ国で1500万部も出版された大ベストセ.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2007-03-07 12:25
  • パフューム ある人殺しの物語(ドイツ/フランス/スペイン)

    Excerpt: 人殺し…物騒だなぁ。とビビリながらも「観てよかった」という感想が多いので観ることにしたよ。 ということで「パヒューム ある人殺しの物語」 ( → 公式HP ) 出演:フリオ・フェ.. Weblog: 映画でココロの筋トレ racked: 2007-03-07 15:36
  • パフューム

    Excerpt: 鼻よすぎ。 監督:脚本:音楽  トム・ティクヴァ 出演  ベン・ウィショー  アラン・リックマン  ダスティン・ホフマン 他 見る前は不安でした。ただのキワモノじゃないか.. Weblog: PLANET OF THE BLUE racked: 2007-03-08 00:43
  • 映画「パフューム ある人殺しの物語」

    Excerpt: 原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ 赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好き.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-03-08 02:55
  • 『パフューム ~ある人殺しの物語~』★★☆・・

    Excerpt: 観賞後の一言 『なんとも微妙・・・』『パフューム ~ある人殺しの物語~』公式サイト制作データ;2006独/GAGA ジャンル;サスペンス上映時間;147分 指定;PG-12監督;トム・ティクヴァ出演;.. Weblog: ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK racked: 2007-03-08 12:47
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt: 今年20本目の映画は『パフューム』です。2時間以上ある作品ですが飽きずに観れました。 私は自他共に認める匂いフェチです。特にいい匂いよりかは少し異臭の方が好きだったりするんです。(変態だなんて思わな.. Weblog: Alice in Wonderland racked: 2007-03-08 15:34
  • パフューム/ある人殺しの物語(*_*;その香りに、世界はひれ伏す。

    Excerpt: 世界がひれ伏す香りとは?MOVX京都にて鑑賞、18世紀のフランスが舞台。類稀なる才能を持つひとりの孤児がいた。彼の名はジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、何キロ先の匂いを嗅ぎ分けるとい.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2007-03-08 23:59
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt: ★★★☆  ある天才調香師が、究極の香水を調合するまでの、数奇な運命を描いた作品である。 彼は天才というより、超人的臭覚を持つミュータントといったほうがよいかもしれない。そして悪臭漂う吐きだめ地獄から.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2007-03-11 18:53
  • 【劇場映画】 パフューム ~ある人殺しの物語~

    Excerpt: ≪ストーリー≫ 18世紀、パリの魚市場で産み落とされたグルヌイユは驚異的な嗅覚を持っていた。青年に成長したある日、赤毛の少女が発する至福の香りに出会うが、夢中になるあまり彼女を殺してしまう。死と共に.. Weblog: ナマケモノの穴 racked: 2007-03-11 20:32
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt: Perfume: The Story of a Murderer(2006/ドイツ) 【劇場公開】 監督・脚本・音楽: トム・ティクヴァ 出演: ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン /アラン.. Weblog: 小部屋日記 racked: 2007-03-11 23:49
  • パフューム ある人殺しの物語(映画館)

    Excerpt: その香りに世界はひれ伏す。 Weblog: ひるめし。 racked: 2007-03-12 20:01
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt:  究極の香水とは、なんと媚薬のことだったとは……。  とにかく結末がお粗末。そこに至るまではなかなかダークな雰囲気の秀作かと思いきや、最後の Weblog: シネクリシェ racked: 2007-03-13 04:01
  • パフューム 映画

    Excerpt: パフューム (映画)。。。 あのスピルバーグが映画化を熱望した全世界1200万部以上の 大ベストセラーが遂に完全映画化だそうです。。 Weblog: webnews racked: 2007-03-14 03:21
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt:  ドイツ&フランス&スペイン  サスペンス&ドラマ&歴史劇  監督:トム・ティクヴァ  出演:ベン・ウィショー     ダスティン・ホフマン      アラン・リックマン      レ.. Weblog: 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 racked: 2007-03-14 15:19
  • 禁断映画がついに解禁!

    Excerpt: 禁断の映画がついに解禁!映画「パフューム ある人殺しの物語」は、話題になっている「とても口に出して言えない衝撃の映像」があります。それは、映画のクライマックスに映し出される約750人の全裸のラブシーン.. Weblog: テンコモリウェブ racked: 2007-03-14 20:52
  • ★「パフューム ある人殺しの物語」

    Excerpt: 今週は見たいものがいろいろあったのでシネコン2軒はしご。 こちらは、久しぶりの「109シネマズ川崎」での鑑賞。 年末のポイント倍増期間に、結構見たから、今回は無料鑑賞。 (駐車券のサービスは受け.. Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-03-15 03:39
  • パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt: 香りたつ 匂いの存在 永遠なれ   いやはやあ、久し振りに面白い映画を観させていただきました。「匂い」を存在のテーマにしたらしい、そんな曖昧な前置きだけで観に行ったので、どこの映画かも知りま.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2007-03-16 23:20
  • パフューム/ある人殺しの物語

    Excerpt:  多分映画とは全く関係のないこと書くと思います。 Weblog: eclipse的な独り言 racked: 2007-03-20 20:11
  • パフュームの衝撃映像!750人に男女が・・・【YouTube(ようつべ)で無料動画】

    Excerpt: 【YouTube(ようつべ)で無料動画】今回のYouTube無料動画は750人のラブシーンで話題騒然のパフュームからの衝撃的な映像です。→パフューム・750人の衝撃ラブシーンメイキング映像かなり、異様.. Weblog: YouTube(ようつべ)で無料動画@YouTube(ようつべ)で無料動画を見倒す! racked: 2007-03-23 07:40
  • オススメ映画☆ BYマリク=ミマチ

    Excerpt: 写真が横向いちゃってごめんなさい・・・・・(*_ _)人 『パフューム』見ました!! 感想を一言で言うと・・・・・・・・・・悲しいなぁ・・って感じでした。 この男の人は主.. Weblog: 旅慣れテーラーへの道【第Ⅰ章:undecided】(仮) racked: 2007-03-23 11:47
  • パフューム ある人殺しの物語・・・・・評価額1350円

    Excerpt: うーむ、微妙・・・・・ 「パフューム ある人殺しの物語」を簡潔に説明すれば、神の嗅覚を持つ、究極の臭いフェチの変態さんの一代記である。 世評通り、前半は圧倒的に面白いのだが、後半の展開が私にはどう.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2007-03-23 23:21
  • パフューム ~ある人殺しの物語~-(映画:2007年36本目)-

    Excerpt: 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン、ダスティン・ホフマン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) ダスティ.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-03-24 18:20
  • パフューム ある人殺しの物語 (Perfume: The Story of a Murderer)

    Excerpt: 監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先で撮った.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2007-03-30 12:42
  • 「パフューム」ある人殺しの物語ー想像力は本当に恐ろしいものだ

    Excerpt: 「パフューム」★★★☆ ベン・ウィショー主演 トム・ティクヴァ監督 18世紀、パリ 華やかな宮殿の毎日とは裏腹に 街は汚物やさまざまな腐臭で ひどい匂いに満ちていた。 そこに登場.. Weblog: soramove racked: 2007-03-30 21:36
  • 「パフューム ある人殺しの物語」 生理的に受けつけなかった

    Excerpt: 井上夢人さんの小説で「オルファクトグラム」という作品があります。 視覚の代わりに Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2007-04-01 19:12
  • アカデミー賞1969年「真夜中のカウボーイ」

    Excerpt: アカデミー賞 シニアの青春映画 真夜中のカウボーイ60年終わりの時代、フランスではヌーベルヴァーグが隆盛、トリュフォーやルイマルの映画を新しい波としてみていた青春でした。ハリウッド映画の斜陽が囁かれは.. Weblog: アカデミー賞1969年「真夜中のカウボーイ」 racked: 2007-05-20 19:59
  • 映画評:パフューム ある人殺しの物語

    Excerpt: 18世紀のパリは、悪臭そのもののような都市だった。 下水は整備されておらず、汚物と汚水は路上に打ちすてられ、その汚物を踏んでしまわないためにハイヒールが必需だった。 ジョン=バティスト・グルヌイユ.. Weblog: 映画と写真のブログ racked: 2009-03-11 15:41
  • パフューム ~ある人殺しの物語~

    Excerpt: 究極の香りが誘う未曾有の衝撃に,世界はひれ伏す Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2009-10-06 13:32