下妻物語

画像 「悪いけど、負ける気がしねえぜ!!」
「嫌われ松子の一生」を昨日みたばかりなので、今日のTV放送は楽しみにしていました~。

「下妻物語」
監督:中島哲也、出演:土屋アンナ、深田恭子ほか

物語:茨城県の下妻。ロココ調に憧れ、ロリータ・ファッションに身を包む桃子。一方のイチコは特攻服を着こなすバリバリのレディース。全く違う二人だが、イチコは誰とも群れない桃子に惹かれる。たった一人で我が道を進んでいた桃子も、次第にイチコのために一生懸命になっていく。


感想
いや無茶苦茶、面白かったです!
極彩色の画面と、テンポのよい展開は共通しています。
どのカットも決まっているので目を離すことができなかったですね~。
しかも前向き。
自分の生きている世界に関心を示さず、「心は常にロココ時代」という桃子が、
イチコというたった一人の友達を得て、この世界に生きることを自覚的に選ぶという
良い話しでもありました。

多分、深刻な問題を抱えていたのはイチコより桃子です。
桃子がどうしてそういう少女になってしまったのかも、コミカルタッチながら、しっかり描かれていました。
「嫌われ松子・・・」でも思ったけれど、中島監督はこういう因縁モノを描くのが得意なんですね、きっと。


昨日のTVで中島監督が、「西部劇のつもり」でこの映画を撮ったと言っていた通り、
桃子とイチコはカウボーイのように格好よかったですよ!
決闘シーンでキレた深キョンは、「呪いのフランス人形」みたいでしたけど(^^;)
ギリギリまで追い詰められて、尼ヶ崎のヤンキーの血(地?)が出た、ってことなのかしら。

中谷美紀は、監督と仕事するのが大変だったようですが、深キョンと土屋アンナはどうだったんでしょうね(^^;)聞いてみたくなりました。

ところで、マジャのレディース役は当然ながらハマリ過ぎです(笑)下妻物語 スタンダード・エディション
下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月24日 20:11
この映画はのえは映画館で女友達と見ました!
女の友情って素晴らしい(ΦωΦ)ふふふ・・・・
ストーリーもリズムよく進むので
疲れることなく見れました♪
2006年10月25日 12:53
のえさん いらっしゃいませ♪
映画館でこんなに面白い映画に出会ったら、
かなり嬉しくなるでしょうね!
しっかり録画もしましたが、何回観ても飽きがこないのがすごい!

この記事へのトラックバック

  • 下 妻 物 語

    Excerpt: 下妻物語、観ましたか 私の大好きな映画の内の1つです ってゆぅか原作のファンで ってゆぅかのばらさんのファンで アンナのファンでもあって けど、映画は公開初日の初回に観ました(舞台挨拶とかあ.. Weblog: S T R A W B E R R Y  F I Z Z racked: 2006-05-30 01:25