温泉でクリスマスin秩父Ⅱ

画像

25日を迎え、今日はいよいよ温泉に向かいます!
秩父には日帰り温泉が色々あるのですが、私たちが選んだのは元祖薬草風呂「丸山鉱泉」
鉱泉とは、広義には温泉と冷泉との総称で、狭義には冷泉だけをいうそうです。
丸山鉱泉の源泉は、そのまま入るにはぬるい温度ということなので、沸かし直しているようです。
入浴料は、土日700円(平日600円)、小学生以下400円。
画像
丸山鉱泉には、薬草露天風呂と自然風露天風呂の二つがあります。
自然風露天風呂は、本館から50メートルほどの離れにあります。
小さめのお風呂ながら雰囲気はバッチリです!
山間の露天風呂ですからね~、樹に囲まれてます。紅葉のシーズンは大人気でしょうね。
ただし、男風呂は視界が半分、壁にさえぎられるているそうです(^^;)


本館には薬草湯、鉱泉湯、薬草露天風呂があります。
薬草湯は赤黒くて初めは、ギョッとします。少しクセのある匂いもします。
入ると普通の温泉と変わらないんですけどね。
薬草効果か温泉効果かはわかりませんが、腰痛だったことが嘘みたいに身体がいい調子でしたよ(^^)

画像

途中、通りかかった「姿の池」は見事に凍ってました!
あまり見たことない光景なので、思わずはしゃいでしまいました(^^;)
Oioiに支えられながらそっと、氷上に降りてみましたが、私1人の体重くらいではびくともしないようです。Oioiが乗ると、バリバリバリっと大地を裂くような低い音がしましたが・・・(いい子は真似しないでくださいね)氷の薄そうな部分を狙って割ってみると、2cmほどの厚みがあります。

画像
こんな中で入る露天風呂だからこそ、ありがたみもひとしおなんですね!


秩父武蔵屋で名物のそばを食べ、武甲酒造でお土産に銘酒「武甲正宗」を買い、千茶古(チャコ)で甘さ控えめの自家製ケーキとコーヒーを楽しみました。一人ひとり、違うカップを出してくれるのが嬉しいです。


画像
秩父は巡礼の地でもあり、お寺もたくさんあります。
温泉良し、料理良し、見て歩いて良し、と本当に秩父は見所いっぱいでした!

読んでくださった皆さん、来年のクリスマスは秩父で過ごしてみませんか(^^)?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「丸山鉱泉 花悦の湯」 (温泉)

    Excerpt: 泉質:単純鉱泉水 埼玉県の秩父武甲鉱泉郷にある温泉旅館。 日帰り入浴では「花悦の... Weblog: まろまろ記 racked: 2006-08-20 20:03