エリ好み★

アクセスカウンタ

zoom RSS レッドクリフpart2 未来への最終決戦

<<   作成日時 : 2009/04/27 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

画像多勢に無勢の時に、やられてる方が勝つのはちょっと気持ちいい。それがpart1。でも、完膚無きまで徹底的に相手を打ち負かしちゃうと、今度は相手が可哀想にもなる…。part2はそんな印象だった。

テレビ放送でpart1はしっかり復習。
映画終了後のpart2の宣伝で、かなり内容に触れちゃってた(疫病を送り込まれ、劉備が戦線離脱するところまで)のにはビックリしたけど、
おかげで観たい度は高まりました。


でもpart2は正直、疲れた…

part1は、大立ち回りやオモシロ兵器&戦術をトリビア的に楽しめたけど、今回のはモロ「戦」でした。
敵を倒すために汚いこともやれば、友人をハカリゴトにも利用する。

まあ、80万人も若い人を殺した戦なんだから、爽快に描く方が問題だし、
反戦メッセージを入れたストーリーにするのは現代的ではあると思いますけどね。
今は同じ国の人同士が殺し合ったわけだし。

尚香のエピソードを使って、曹操軍の兵士達に感情移入させたのも良かったとは思います。
敵の兵士たちだって貧しさから従軍してるんであり、家族の税金を免除してもらうことを励みに闘っている。
そんな気のいい若者たちが丸焼けになっちゃうのは、なんともやりきれません。
ただ、あの「人のいい彼氏」は、あそこまで鈍かったらマジ恋の相手にはならんな


part1と違って、戦闘シーンのスローモーションが少なかったのは、
この戦争を「格好良く」見せようとしない狙いもあったのかも…
敵味方双方に大きな損害を出し、何のための闘いだったんでしょね、って虚しさも残ります。
周瑜に、戦闘終了後の“あの一言”を言わせるための戦闘シーンでした。


あと私は三国志について詳しくないですが、part2の方が映画のオリジナル要素が多かったんじゃないでしょうか。
私に続いて鑑賞したチビパパは、
「黄蓋大将軍が投降しないのか〜」とボヤいてました(^o^;)


武器の使い方や、作り方については面白かったですけどね!
この時代の戦闘は、盾が必需品なんですねぇ。
あんな集団戦術本当にやってたの!?

だけど盾持ちの兵士達は、重さのためか鎧も着てないから、矢に射られたらイチコロで気の毒
張飛なんて数本、射られてるのにビクともしないじゃないですか。
あれは、鎧の下に鎖帷子とか色々着てるからじゃないのかなぁ〜??
ただ単に、“人間じゃない”のかもしれませんが(笑)
あと魚油の抽出や、爆弾の開発なんかも興味深かったです。


好きなシーンとしては、劉備たちがお団子こねてるところ。
牧歌的で良かったです。
画像
劉備は、一国の将なのに投石機をぶら下がって止めたりして…
まあ、そういうイメージの方なんでしょうね。

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]
エイベックス・マーケティング
2009-03-11

ユーザレビュー:
あ〜ぁ…なんかやっち ...
壮大な戦闘シーンが見 ...
スケールは大きいです ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画 【レッドクリフ Part ? ―未来への最終決戦― 】
映画館にて「レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦―」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/04/28 08:11
「レッドクリフ PartU 〜未来への最終決戦〜」
昨年のカンヌ映画祭上映以来、まさかの作品二分割。そして、「レッドクリフ PartT」に至ってはレビューにも既に書いたが、これまでの「三国志演義」に於ける、無論歴史的事実からみれば可也脚色された「通説」があったにも関わらず、新たにジョン・ウーとしての新解釈を随所に加えた「赤壁の戦い」ならぬ「レッドクリフ」は、自他共に認める「三国志フリーク」の筆者を困惑のどん底に突き落とし、しかし前作においては、この作品は「赤壁」では無いという自分自身の勝手気儘な納得の上に、何とか、この日の上映に併せ這い上がっ... ...続きを見る
利用価値のない日々の雑学
2009/04/29 16:57
映画:レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−
 三国志には興味がなかったのですが、ジョン・ウー監督の超大作、その美しさと迫力に圧倒されてしまったPart Iの続編、レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−を観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2009/05/06 02:53
『レッドクリフ Part? 未来への最終決戦』 
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 □監督・脚本 ジョン・ウー □脚本 カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ□キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー■鑑賞日 4月25日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 色々エイベックスが仕掛けたこの作品。 業界のルールを無視し、レンタルにおいても、TVにおいても従来の殻を破ってしま... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2009/05/08 22:42
映画「レッドクリフ PartU −未来への最終決戦−」
原題:Red Cliff/赤壁 決戦天下 いよいよ、三国志演義のなかでも最大の決戦は「赤壁の戦い」、50万の大軍で南下した曹操軍の兵力は80万に増え赤壁に到達、対峙するは5万の連合軍・・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2009/05/15 00:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜♪
いい季節になりましたね〜。
おチビちゃんはお元気かしら?

劉備ってお人柄の人なんでしょうね。
団子を作ったりわらじを作ったり、なんか孫権とも曹操とも全く違うトップ像(笑)
私もワクワク度はパート1の方が大きかったです。
火責めになると規模が大きくなりすぎて誰がどこにいるのかもわからず、ご贔屓キャラもあまり出てこず。
「勝者はいない」の台詞が戦いの虚しさを強調してました。
けれど、人間って飽きもせず戦争してるんだよねぇ。
ミチ
URL
2009/04/28 08:16
ミチさん

TBとコメントありがとうございます!
もう、4月に入ってから嘔吐下痢症に肺炎に…と病気ばかりです
しかもチビが治った頃、親にもうつっちゃって(><)
子どもを育てながら働くことの難しさを痛感した日々でした…

part2は病気と病気のわずかな隙をぬって、観にいけたんですが、
避けてた戦争映画になっていてちょっとガッカリ

映画としては良くできていたと思いますけれど。
そうそう火攻めはあっという間でしたね〜。
爆弾を使った近現代の戦闘に近いものがあったかも。

亀の甲羅の陣で、槍でワイワイやってるくらいだとわかりやすいんですが…

劉備はとにかく人を集める才のある君主ですよね。
勝手に戦線離脱したら、同盟を画策した孔明の面目丸つぶれやん!?
なんて思ったんですが、それでも人がついてくるんだからスゴイです(^^;)
aiai
2009/04/29 17:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レッドクリフpart2 未来への最終決戦 エリ好み★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる