エリ好み★

アクセスカウンタ

zoom RSS 【BookLovers】『ビジネス・ゲーム−誰も教えてくれなかった女性の働き方』

<<   作成日時 : 2009/03/29 16:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、今週のBookLoversは、勝間さんの一人語り。
若い頃、男社会で苦労した話もあって刺激を受けた。


特に火曜日の『ビジネスゲーム―誰も教えてくれなかった女性の働き方』の紹介での勝間さんの話は、働くママとしてもかなり面白かった。


19歳で会計士の試験に受かり、
20歳で日本の監査法人で働き始めた勝間さん。
おじさん率95%の会社で、コミュニティに全く入れず、
浮きまくる。
妊娠を報告したら周りはホットしたように、「じゃ、パートね」。


その会社を辞めて、外資系の監査法人に転職。
今度は女性が3割くらいいたので少しは楽だったが、
娘を病院に連れて行くために月2、3回休んだことで
上司から退職勧告を受ける。
この件については、上司の上司に、
休んでも会社の仕事には迷惑をかけていなかったことを分かってもらい、すぐに取り消されたらしい。


今では妊娠・出産を理由とした不利益取扱は違法なので、
1番目の日本の会社はNGだし、2番目の会社とも闘えるだろう。
私ならそういうアドバイスをしてしまう。


ただ、勝間さんはこの時ちょっと別の視点から考える。
「どうして自分は上司にここまで嫌われたのだろう」と。
そして『ビジネス・ゲーム』という本に巡り会ったことで、
その理由を知る。


男社会は軍隊であり、チームなのだ。
上司や同僚の面子をつぶしてはいけない。
そこでは個人の能力が高いことが重要なのではない。
チームプレイヤーとして気持ちよく人の力を引き出せる人こそが
“仲間”と見なされる。

そして仲間に入るためには、男性と同じようなグレーの服を着ること、飲み会に参加して一緒に盛り上がったりすることも必要−−
これを実践することで、会社での仕事も非常に上手く回るようになったそうだ。

また、こういう仲間作りを男性は自然に学べるが、女性には教えてくれる場がないとも指摘していた。
現実のゲームを理解してプレイして、マスターして初めて、次の応用プレイに移りますので、まずはベーシックを理解しないと」と勝間さん。


********

これって、フェミ的には耳に痛い話かもしれない。

男社会が軍隊というのは、私も非常によくわかる。
私は、付き合いの飲み会の類は嫌いだけど、
実際におじさん達がそういうことを通じて仲良くなっていく様子は見ている。
しかも重要なことほど、そういう場所で決まるから、
そこに混ざれないことで不利益があるかもしれない、とも
確かに感じたことがある。


でもね同時に、飲み会に付き合わないと不利益な社会って、
ワークライフバランスに逆行するとも思う
独身の時、職場のおじさまから、「昔は可愛がってもらうため、吐きながら飲んだもんだ」と諭されたこともあるけれど、それって誰にとっても不健康な事としか思えなかった。


今はチビのお迎え、夕食があるので飲み会に頻繁に付き合うこと自体無理だ。
年に1,2回ならいいけれど、それでもベロンベロンに酔って帰ってしまったら子どもの世話にも差し支える。

それにまだ妊娠を職場に報告する前に、
喫煙者が多い個室の飲み会に参加して、
煙の臭いに、内心泣きそうになったこともある。

男性中心のやり方では、困る人もいるのだ。

ただ、産後職場復帰してから職場のネットワーク作りに頭を悩ましているのも事実。

飲み会に混ざるつもりはないけれど、
できる範囲のことでヒントはあるかもしれない。
読んで見なきゃいけない本だと感じる。


ビジネス・ゲーム―誰も教えてくれなかった女性の働き方 (光文社知恵の森文庫)
光文社
ベティ・L. ハラガン

ユーザレビュー:
単刀直入な本「誰も教 ...
組織で働く女性は読ん ...
男性が読んでも損はな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【BookLovers】『ビジネス・ゲーム−誰も教えてくれなかった女性の働き方』 エリ好み★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる