エリ好み★

アクセスカウンタ

zoom RSS 皇居の蜂蜜、銀座の蜂蜜〜社民党から蜂が飛ぶ

<<   作成日時 : 2008/09/18 22:58   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ちょっと高価な贈物用に。蜂蜜屋さん「花めぐみ」で皇居の蜂蜜、銀座の蜂蜜など、お堀一番お江戸密シリーズの四種類を詰め合わせてもらいました。これで約一万円。


純国産の蜂蜜というだけでも貴重らしいですが、これは都心のど真ん中の皇居や銀座で採れた蜂蜜です
皇居はともかく銀座で蜂蜜が採れるなんて、意外でした。


なぜこんなことが可能かというと、皇居近くに立っている社民党本部が、
屋上を養蜂業者さんに貸出しているからなんです。
しかも無料というから、なかなか粋ですね。
毎年3月下旬から〜5月まで、岩手県盛岡市の藤原養蜂場が社民党にやってきており、
今年で7年目になったそうです。

社民党の福島みずほ党首の日記にも、この屋上の養蜂場で蜂蜜を食べたことが書かれています


4月30日(水)
  蜂蜜を食べる。実は、社民党本部がある社会文化会館の屋上で、養蜂をしているのだ。
箱を20箱おいて、盛岡の養蜂家の藤原さんが、養蜂をし、蜂蜜を作っている。
この間、屋上に行って、藤原さんと話ができて、ホンワカとなった。
国会議事堂が見え、皇居の緑がワーと広がる眺望のもとで、蜂蜜をつくっているなんて
なんて楽しいミスマッチ(?)
藤原さんは、皇居のあたりを迷って歩いていらしたそうである。
このあたりに、街路樹として、様々な木が植えられていることに気づき、ここで、
蜂を飼ったらいい蜜がとれると確信したそうである。そこで、ビルの屋上を見上げ、
社会文化会館にもとびこむことになる。OKということに゛なり、養蜂することになった。
試験的にやっていたのだが、この4月から、本格的に始まった。
 藤原さんは、「いつもは森のなかを歩いているんですけれど」と言って、ビルのなかの
屋上への道を一緒に歩く。
 驚くほど蜜がとれる。絞り立てのホヤホヤの蜜をおいしく食べた。トーストに蜜を塗って、
屋上で食べるのは格別だった。
 権力闘争が行われている国会の近くの片隅で、蜂が飼われていて、蜂蜜が一杯とれる
なんて、ほんわか楽しくなつてしまう。
(2003年4月30日の日記より)


迷っていて出会ったなんて、なんかドラマチックですねぇ


蜂は国会周辺・皇居周辺や銀座、青山まで花の蜜を求めて飛んでいき、
桜、ゆりの木、マロニエ、みかんと、順々に開花していく花から蜜を集めるそうです。


以下、説明書などから抜粋

:千鳥が淵のソメイヨシノなど、皇居周辺に咲いている。

画像

国会の向かいの国会図書館にも桜が植えてあるので、春は国会も桜で埋もれるんですよねぇ

ゆりの木:皇居周辺や迎賓館の周りに多く植えられている。国内を探してもこれほどゆりの木が多いところは滅多にない。
ゆりの木の蜂蜜は大変貴重で、「まぼろしの蜂蜜」と言われてきた。 

マロニエ:銀座のマロニエ通りに咲いている。
少量しかとれない銀座の蜂蜜だ。

みかんの花:皇居の中に咲いている。皇居の中では稲や野菜、果物など色々な種類の植物が栽培されている。
みかんもその一つ。
蜂は皇居の中にも遠慮なく飛んで行き、おいしい蜂蜜を集めてくれる。

画像

お堀の向こうは緑でいっぱいなんでしょうね


都心のど真ん中でこんな自然の営みが行われているなんて、なかなか素敵なことです。
もうすぐ解散総選挙かと言われてますが…
社民党が小さくなっても養蜂は続けてほしいなぁ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
皇居の蜂蜜、銀座の蜂蜜〜社民党から蜂が飛ぶ エリ好み★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる