エリ好み★

アクセスカウンタ

zoom RSS カンナさん大成功です!

<<   作成日時 : 2007/12/19 18:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像日韓の整形価値観は意外に似てる…ようで最後はやっぱり違う!?

カンナさん大成功です!』
原作:鈴木由美子。監督 : キム・ヨンファ  
出演:出演 : キム・アジュン 、 チュ・ジンモ 、

歌が上手いオデブちゃん、最近映画でよくみますね。
ドリームガールズ』のエフィは、実力抜群でありながら、ルックスのために転落人生。
ヘアスプレー』のトレーシーは、人種差別と同時にオデブ差別撤廃を訴え、
成功も恋も手に入れた。
でもカンナは、第3の道を選びました

のっけから迫力あるコンサートシーンです
歌の最中にゴーストシンガーが床板を踏み抜いて転落してしまうという
まさかのアクシデントにこっちまでハラハラ…
全身整形という突飛な話ながら、リアリティのある設定&脚本で、楽しめました。
今まで見た韓国映画の中でも1,2を争うできばえだと思います。

久しぶりに名前を聞いた鈴木由美子さん。
『白鳥麗子でございます』はじめ、「美人」と「ブス」の価値観のズレを
毒を交えつつ表現してくれるところが魅力の漫画家さんでしたよね。

本作は同名の原作を大幅にリメイクしてるようです。
整形への抵抗感が少ない韓国で、整形を告白するか否かの葛藤が
どんな風に表現されるんだろうかと思っていましたが…
韓国でも、「整形美人はいいけど、自分の恋人となると別」
っていう男性はやっぱり多いんですね。
そういう意味では、ジェニーのストーカーをやっていた男性の“愛”は見上げたもの
妻を全身整形してあげたら触るのも嫌になり、テレクラに逃げる整形外科医
という皮肉なキャラも登場します。
それに、全身整形しちゃったら恋人にどこを触られてもハラハラドキドキなのかも
愛されるために整形するのに、いざ求められた時には答えられないなんて悲劇ですね
この映画のラストは、日本ではちょっと受け入れがたいかも。


キムタクと細川茂樹を足して甘くしたようなサンジュンさん…
見てるだけで目の保養
カンナに優しい、憧れの王子さまの本心がなかなか分からないところもいいです。
彼はプロのプロデューサーなんですよね。
カンナがゴーストシンガーをつとめるアミを叱り、カンナに優しくすることが
“アミ”というスターを維持する方法だとよ〜くわかっている。
カンナが傷ついた言葉「あいつは実力があってもデブでブス。利用すればいい」
も、アミをなだめるために言っていたようだし。
それをカンナが盗み聞きしてるのが誤算だっただけで…
しかも、ルックスも実力も兼ね備えたジェニーが現れると、
サッとアミを捨てるんだから、
本当にタレントを商品としてしか見ていないんだなぁ…と思ってました。

その設定はリアルで良かったのに、途中でジェニーに手を出そうとするもんだから、
なんだかぶち壊しでガッカリ
どうせなら「太ったままのカンナが好きだった」ってオチをつけてほしかったわ。

整形していないことを条件に選ばれたキム・アジュンは、
ナチュラルな美人で、とても可愛らしくて好感がもてます。
別人になった後、「美しい」と言われて感激するシーンなど、
(ああ、整形してよかったね…)と、思わずこちらが思っていまうほどでした。
一度の特殊メイクには5時間かかり、ラテックスを貼る位置がづれいると
息ができないので呼吸困難で気絶することもあったそうです。
真夏の撮影に、それこそサウナ状態で4キロ痩せたそうですよ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

日本インターネット映画大賞
URL
2007/12/28 10:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カンナさん大成功です! エリ好み★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる