エリ好み★

アクセスカウンタ

zoom RSS サウスバウンド

<<   作成日時 : 2007/10/14 03:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 4

画像西表島の田舎政治家*のおじさんの、セリフ棒読みと照れたような表情が忘れられません… 地元のおっちゃん!?

サウスバウンド』監督 : 森田芳光。原作 : 奥田英朗。出演 : 豊川悦司 、 天海祐希ほか。

物語:浅草に住む小学6年生の上原二郎(田辺修斗)は、疑問に感じたことには猛然と盾つく父親の一郎(豊川悦司)を恥ずかしく思っていた。ある日、母親さくら(天海祐希)の発案で、一家は父の故郷である沖縄の西表島に引っ越すことに。島民に温かく迎えられる上原家だが、そこでもまた一郎は観光開発業者を相手に闘うはめになる。 (シネマトゥデイ)

感想:私の周りには元活動家や未だ活動家は結構いまして…
女性は子どもを生んだ後、芯のある母としてしっかりやっているんですが、
男性の場合は、家族よりも活動にエネルギーをさいてしまい、
家族関係が破綻している人も多いです。
休日は、勉強会やデモに忙しく家にはいない父。
(沖縄出身でもないのに「西表の自然を守る会」とかの訴訟をしたり…
一郎に「迷惑だ」と言われてましたが、あのエピソードもかなり痛い
純粋といえるのかもしれんが、親としてはロクデナシ
大きな事をいっても、自分の家族への責任すら果たせないってどうなのよ
という思いがあります。

なので、この映画のラストを見てから、かなり消化不良気味になりました


でも上原一郎は、運動からは身をひいて、ずっと家にいたんですよね。
家事も仕事もあまりしていなかったみたいだけど、子どものことは気にかけ、
二郎に自分の意見を押し付ける事もしていませんでした。
そこは素敵なお父さんだと思います。

そして、さくら。一郎が一郎であり続けたのは、さくらの影響が大きいと思います。
というか、さくらがいるから一郎は普通の人≠ノなれなかったんじゃないかな
自分で喫茶店を経営して家計を支え、3人の子どもまで育て上げられてしまっては、
「普通に会社で働きたい」
「田舎政治家から立ち退き料もらって、楽に暮らしたい」
とは言えませんよね。
喫茶店にはゲバラの絵を飾ってたくらいだし。
西表で乱闘してる一郎に惚れ惚れしてたもんなぁ。

でもねぇ… 
この後、あの子達はどうなるのよ


演出面で気になったのは、
二郎の学校の子どもたちの演技がわざとらしく不自然なこと。
あと、西表島の田舎政治家のおじさん…たぶん地元のおじさんですよね
「スクリーンに出されちゃって、困ったなあ」というような表情だったので、
なんだか気の毒になってしまうほどでした。
ワザとなんでしょうけど、そこばっかり気になっちゃって物語に入り込めなかったです。


キャストでは、松山ケンイチに拍手
青森県出身だというのに、沖縄独特の話し方のイントネーションを自然な感じでこなしていました。
そういや一郎は西表出身という設定だったのに、戻ってからも標準語でしたね。
不思議だ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サウスバウンド
国民やめよっかな・・・日本が沈没するからというわけではなく・・・ ...続きを見る
ネタバレ映画館
2007/10/14 16:00
「サウスバウンド」
「サウスバウンド」イイノホールで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2007/10/14 16:16
『サウスバウンド』
----これって直木賞作家・奥田英朗の小説が原作ニャんだよね。 主人公のお父さん・上原一郎が元過激派で、 とんでもないことばかり言うんでしょ? 「そうだね。 ぼくは原作は読んでいないけど、 あの頃の極左の人って、いまはどう生きているのか? あまり表面には出てこないだけに、 この映画はけっこうオモシロいところを突いていると思ったね。 いまの時代って彼らが主張していた頃とは、 価値観が真逆。 まったく違うところにきていて、 彼らそのものが否定されているからね」 ----そう考えると、 主人公は鬱屈し... ...続きを見る
ラムの大通り
2007/10/14 21:25
映画 【サウスバウンド】
映画館にて「サウスバウンド」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2007/10/15 10:00
【2007-140】サウスバウンド
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2007/10/15 22:56
サウスバウンド
 日本  コメディ&ドラマ&青春  監督:森田芳光  出演:豊川悦司      天海祐希      北川景子      山ケンイチ ...続きを見る
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
2007/10/16 14:02
「サウスバウンド」:神宮前一丁目バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}なんだ、この月と星のマークは? {/hiyo_en2/}ここにトルコ大使館があるのよ。 {/kaeru_en4/}なるほど。月と星がトルコのシンボルってわけか。 {/hiyo_en2/}トルコとまでは言わないけど、月や星がきれいに見える場所に行ってみたいなあ。 {/kaeru_en4/}たとえば? {/hiyo_en2/}たとえば、沖縄とか。 {/kaeru_en4/}お、たそがれ映画の「めがね」に影響されたか。 {/hiyo_en2/}ううん、森田芳光の「サウスバウ... ...続きを見る
【映画がはねたら、都バスに乗って】
2007/10/16 22:08
『サウスバウンド』
□作品オフィシャルサイト 「サウスバウンド」 □監督・脚本 森田芳光□原作 奥田英朗(「サウスバウンド」角川文庫刊) □キャスト 豊川悦司、天海祐希、北川景子、田辺修斗、松本梨菜、松山ケンイチ、平田満、吉田日出子、加藤治子&nbsp;■鑑賞日 10月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <感想>  ここのところあちこちの映画に顔を出しているトヨエツ。 この作品では破天荒な元学生活動家の過去を持つ父親を演じている。 そしてその一家の物語を描いていく... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2007/10/20 09:36
サウスバウンド
無関心 無感動こそ ナンセンス  ...続きを見る
空想俳人日記
2007/10/20 17:06
サウスバウンド 観てきました
 風邪が完全に治らず、辛いのですが、サウスバウンドを観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2007/10/22 01:14
サウスバウンド
豊川悦司が破天荒な父親を演じて新境地を開いた 作品は、ある意味今の日本の現状も映し出してました。 ...続きを見る
bibouroku
2007/12/02 22:29
mini review 07292「サウスバウンド」★★★★★★★☆☆☆
元学生活動家の父親とその家族を、息子の視点で描く爽快(そうかい)な家族ドラマ。直木賞受賞作家の奥田英朗の同名小説を基に、監督の森田芳光が主役から脇役にいたるまで登場人物たちの魅力を見事に引き出した。家族にいぶかしがられる破天荒な父親を豊川悦司が、そんな夫と子どもを見守る母親を天海祐希が好演。東京から西表島へと居を移し、子どもたちと父親の関係が変化していくさまがさわやかな感動を誘う。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2008/05/02 04:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは♪
やっぱり原作の良さはなかなか映画では伝わらないな〜って残念に思いました。
マツケン君、どんな映画に出てもすごく目を引きますね〜。
やっぱり若手ナンバーワンだわ〜☆
ミチ
URL
2007/10/15 10:02
きっと原作の方が面白いのでしょうね〜。
トヨエツの一郎と、マツケン君は良かったですけど…
映画の方は消化不良だったので、原作読んでみようかな。
aiai
2007/10/15 17:06
aiaiさん、こんにちは^^
原作は未読なんですけど、やはり森田監督丸くなっちゃったって感じを僕はうけました。トヨエツはカメレオン俳優のようで最近あちこち違うキャラを演じていますが、これぞトヨエツって映画が観たいですね〜 『12人の優しい日本人』の頃のハングリーさが欲しいですね。慰謝料を払うのに作品を選ばずたくさん出演しているようですが、作品を選べる役者さんだけに惜しいですね(笑)
cyaz
URL
2007/10/19 08:18
cyazさん こんにちは〜!
確かに鋭く切り込んでくるものは無かったですねぇ(><)

そうか、トヨエツにはそんな事情があったんですね(ーー;)
『椿三十郎』にも出てるみていですが、予告編を見る限りなんか勿体ない気がしてます…
『12人の優しい日本人』は未見です。
こっちの映画館でやってくれないかな〜。
私は『NIGHT HEAD』の時の、クールな役の印象が強いです。
aiai
2007/10/22 23:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サウスバウンド エリ好み★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる