エリ好み★

アクセスカウンタ

zoom RSS 父親たちの星条旗

<<   作成日時 : 2006/11/05 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 3

画像かなり戦闘シーンがキツイと聞いていたので、観に行くかどうか迷いました。確かに残酷な場面も多かったのですが、後味は悪くありませんでした。

父親たちの星条旗
監督:クリント・イーストウッド。出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、バリー・ペッパーほか

物語:第2次世界大戦の重大な転機となった硫黄島の戦い。2部作のうちの1作目。
米軍兵士は勝利のシンボルとして摺鉢山に星条旗を掲げた。しかし、この写真がアメリカ国民の士気を高めるために利用され、旗を掲げた兵士のうち、生き残ったドグ、レイニー、アイラは本国に連れ戻される。

感想:参考にしているブログさんで、いずれも高い評価を受けているこの映画。
しかし、私は戦闘シーンにはまるきり興味がなく、、、というより観るのが怖いため、目をつむる覚悟で映画館に行きました。「ミュンヘン」や「ジャーヘッド」を観終わった時のような、強い違和感と不快感に悩まされるのではないかと不安だったのです。
いつもは前方の席に座るのに、敢えて後ろの席を選ぶくらい警戒しておりました(^^;)
が、意外にも嫌な感覚は全く残りませんでした。

なぜか?
やはり、K・イーストウッド監督の描き方のおかげでしょうね。
誰かを“貶める”ということをしていないからだと思います。品があるのです。
まず、主役3人を始めとする登場人物たちは、私達も共感しやすいごく普通の人間として出ててくるのがいい。戦闘を前に不安をおぼえ、戦友のために銃撃戦の中を駆けずり回り、“英雄”扱いに戸惑う。
この戦争のために志願したのであろう彼らは、完成された職業軍人ではなく、敵への殺意も抱いているようには見えません。殺人マシーンになっていないのです。
それにここの映画では3人が荒れたり、絶望したり、有頂天になったりしていても、彼らの人間性を貶めることがないのです。

映画のラストでも、「彼ら(=硫黄島で闘った米軍兵士)のそのままを記録すること」というメッセージが出てきますよね。
これって、この映画が伝えたいことの一つだったんだろうな。

それにしても、戦闘から帰ってきたばかりの兵士に対するアメリカ本国の人々のデリカシーのなさを表す描写は巧みでした。
中でも印象的だったのは、3人の歓迎会で出されたデザートです。
兵士をかたどった白いムースか何かに、真っ赤なストロベリーソースをかけるシーン!
それまでの戦闘シーンを観てきている観客には、あれだけで十分伝わりますよね。
私には、生首が飛んでくるより、グロかったです
残虐さを伝えるっていうことを、考えさせられました。


ところで冒頭、スクリーンいっぱいの海を埋め尽くす軍艦とそこに詰め込まれた兵士たちを観て、イチバンに感じたことは 「モッタイナイ!」でした。
大変な犠牲が出た戦いであることはもう知っているので、人的資源と莫大な税金を注ぎ込んだ設備が、壊されるために島に向かっていっているんだな、と思えて。
実際に上陸後、瞬く間に兵士の死体の山ができあがってしまったわけだし。
こんな姿にするために、わざわざ海を越えて人間を運んでくるなんて、
「モッタイナイ」以外になんだろう。。

あと、やはり日本側の視点が非常に気になりました。
多勢に無勢の中で、36日間も硫黄島を死守した彼らはどんな精神状態だったんでしょう。
日本兵の姿が出るたびに、彼らの思いを少しでも拾えないものかと凝視してしまいました。

2部作だと知っているせいかもしれませんが、まだ完結してる感じがせず、
物足りなさが残ってます。
これは、「硫黄島からの手紙」も観にいかないとな〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(18件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
父親たちの星条旗
 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。 ...続きを見る
ネタバレ映画館
2006/11/05 02:48
『父親たちの星条旗』鑑賞!
『父親たちの星条旗』鑑賞レビュー! ...続きを見る
☆★☆風景写真blog☆★☆healin...
2006/11/05 08:22
父親たちの星条旗
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:ライアン・フィリップ      ジェシー・ブラッドフォード      アダム・ビーチ      ジョン・ベンジャミン・ヒッキー ...続きを見る
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
2006/11/05 18:20
父親たちの星条旗(2006/アメリカ/クリント・イーストウッド)
【新宿ミラノ座】 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させた。星条旗を掲げる6名の兵士、マイク、フランクリン、ハンク、レイニー、アイラ、ドクは一躍アメリカの英雄となるのだった。しかし、その後祖国に帰還したのはドク(ライアン・フィリップ)、アイラ(アダム・ビーチ)、レイニー(ジェシー・ブラッドフォ... ...続きを見る
CINEMANIAX!
2006/11/06 21:15
「父親たちの星条旗」見てきました
 今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/11/07 03:14
★「父親たちの星条旗」
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2006/11/07 05:25
映画「父親たちの星条旗」
映画館にて「父親たちの星条旗」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2006/11/07 20:47
■〔映画鑑賞メモVol.14〕『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)& more...
1.『サラバンド』(2003/ベルイマン)鑑賞プチ・メモ≪→こちら≫ 2.『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)鑑賞メモ≪→こちら≫ 3.『百年恋歌』(2005/ホウ・シャオシェン)鑑賞前メモ≪→こちら≫ ...続きを見る
太陽がくれた季節
2006/11/08 23:48
「父親たちの星条旗」とシカゴ〜ソルジャー・フィールドの歴史とトリビア
 「父親たちの星条旗」は日本では、公開第一週で興行収入が第2位。  アメリカでは公開第一週が3位、第二週が4位ですから、アメリカよりも日本の方が盛り上がっているようです。 アメリカでは太平洋戦争というと「過去のもの」という印象なのでしょうが、... ...続きを見る
シカゴ発 映画の精神医学
2006/11/12 07:02
「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る
イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2006/11/18 23:20
「父親たちの星条旗」
***************************** 太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本攻略の為に、首都・東京から南に約1,200km離れた或る島の制圧が不可欠との結論に達する。東西8km、南北4kmのこの島は、到る所で地熱が発生し、温泉も湧き出す火山島で、硫黄島と呼ばれていた。 ...続きを見る
ば○こう○ちの納得いかないコーナー
2006/11/19 03:01
父親たちの星条旗 (Flags Of Our Fathers)
監督 クリント・イーストウッド 主演 ライアン・フィリップ 2006年 アメリカ映画 132分 戦争 採点★★★ 「コイツは、白いのも、黒いのも、黄色いのも、茶色いのも大嫌いなんだよ」 『ダーティ・ハリー』でハリーについて語られる言葉だが、イーストウッドその人を顕実に物.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2006/11/21 14:06
父親たちの星条旗
父親たちの星条旗  @ユナイテッドシネマとしまえん 11月11日(土) ...続きを見る
シュフのきまぐれシネマ
2006/11/23 20:57
「父親たちの星条旗」は言っている。
2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」「ミスティック・ ...続きを見る
やまたくの音吐朗々Diary
2006/11/27 02:48
▼ クリントイーストウッドは語る
こんにちは,突然のトラックバックをお許しください。管理人の黒須と申します。今回,クリント・イーストウッド関連の記事を書きました。貴サイトとの関連性を考慮し,トラックバックさせて頂きましたが,ご迷惑でしたらお手数でも削除してください。よろしくお願い申し上げます。 ...続きを見る
書きたいことを書くブログ
2006/12/01 12:04
父親たちの星条旗(映画館)
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 ...続きを見る
ひるめし。
2006/12/23 22:59
『父親たちの星条旗』’06・米
あらすじアメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に海軍の衛生兵として出兵していた。その時撮られた1枚の写真によっ... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2007/02/13 20:21
【映画】父親たちの星条旗…俄かイーストウッドファンなピロEK(その1)
「ハッピーフライト」の記事で予告したとおり、本日もう一個の投稿です{/face_yaho/} ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2009/10/17 07:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
もったいないですよね・・・貴重な命。
死ぬことがわかっているのに巨額の金とつぎ込むこと。
戦争がばからしいってことがよくわかりました。
あんな小さな島なのに、何万という遺体が・・・ぞ〜っ・・です。
kossy
URL
2006/11/05 02:51
こんにちは♪
こちらからのTBが入らないみたいですみません。
やはり二部作と銘打ってあるからには両方見てから評価するのが本当かもしれませんね。
ネガとポジのような関係になっているのかしら?
とても楽しみです。
ミチ
URL
2006/11/07 20:48
kossyさん TBとコメントありがとうございました。本当に、勿体ないです。でも誰か得をしているのでしょうね。そういう人は自分では戦闘には加わらないわけですが。

ミチさん TBはスパムチェックに引っかかってました。ご心配おかけしてごめんなさい。最近、スパムTBの量が多くて、チェックを厳しくしていたのです(><)
この映画での姿が見えない日本兵は、本当に怖かったです。彼らが何を思い、どんな風に過ごしていたのか、ますます興味が湧きました。
aiai
2006/11/08 00:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
父親たちの星条旗 エリ好み★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる